2004年12月25日

べからず帳 第六節

明日で足りる事、今日急ぐべからず。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | べからず帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月11日

べからず帖 続々

「残り物、片付ける為だけに、食い切るべからず。」

大正生まれの母親はよく言うんですよ。 あんた、それ終わらせなさいよ、片付くから。 あと一口でおわりじゃない。 もう一口ぐらい食べられるでしょ。 

反抗期など大昔に過ぎ去っている善良なる倅としましては、親の言う事にいちいち楯突く積りはありません。 だけど、食事に関しては、質と量は、じっくりと考えて食べるようにしているので、一旦、くったー、と思ったら、それ以上は、例え味噌汁一口でも、肉一切れでも食べません。 満腹感が有るのに食べ続ければ、胃拡張になるのが関の山。 

食べ物繋がりでもう一つ、いっときます。 世の親どもよ、耳の穴カッポジィてよぉーく聞いとけよ。

「子供には、何食べたい、と聞くべからず。」

子供には(かなりの割合の大人も)、自分にとって何を食べるのが必要で、何を避けるべきかは判らない。 良い食べ物を与えるのは、親の責任。 子供に好きな食べ物を選ばせるのは無責任の極み。

草花亭 一茶菜斎でした。 
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 00:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | べからず帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月06日

べからず帖 続

新設カテゴリですので、追加して置きます。

「動物の肉は大食いするべからず」

ウンチが硬くて臭くなりまっせ。

「口に入れた食べ物を完全に食い切るまで、箸に触れるべからず」

直接的にウンチの質には関わらないかも知れないけど、ダイエットのためには、大食いにならないので、効果有り。

「早食いするぺからず」

たっぷりと時間をかけて、噛みしめて、舌のそれぞれの場所に有る、味蕾センサーを刺激して、味を確認しながら食べましょう。 現代人は味覚のセンサーが鈍っているみたい。

草花亭 一茶菜斎でした。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 00:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | べからず帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

べからず帖

日々の生活習慣の中で、人生の最重要的課題であるところの、快便に向けて、色々と善いと思われる事をやっているのですが、やらないように、避けるようにしている事もあります。 これを「べからず帖」に記して置きます。 今日の第一号は、

「トイレへは、新聞、雑誌は持ち込むべからず」。

これは、痔を悪化させない為の方策ですが、それも快便の重要なポイントですし、私がこの事を始めて聞いたときの、目から鱗的印象の強さから、第一号にします。 それに、これは今、すぐに、実行にうつせます。
趣旨はトイレにはダラダラと長居しない。 便座に座っている時間が長くなれば、肛門への重力負担が増します。 それまで、私の日課は、日本経済新聞を持ってトイレに行き、『私の履歴書』と連載小説を読むことでした。 直ぐ止めました。

今日の記録 2004年7月6日

時。     起床後27分過ぎ。
催し方。   A-  ここ数日のうちでは、一番便意と呼ぶのにふさわしい感触だったのですが、A の評価にするには、まだ強さが足りない。
質。     A  出てきた奴らは立派。しっかりしたバナナ形四本。沈んでた。
量。     400g.  久しぶりに、沢山でました。積み重なって、水面の上まで。
色。     ◎
臭い。    ◎
総合評価。 A  大目の食物繊維の仕込みが、成果に出ている(と思い込んでます)。 

積極策。  昨日の夕飯で、又、白滝の煮付けを食べておいた。 今日の朝は何時も通り、プランタゴ・オバタ と バナナ一本。  


草花亭 一茶菜斎でした。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 00:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | べからず帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。