2007年12月26日

今日はクリスマス

十字架のネック・レースとかピンを着けている方々をよくお見受けするので、この国ではキリスト教徒の方が大勢いると推測しております。
そんな方々にとってはクリスマスとは重要な日なのであろうと思います。

ごく簡単に、関連資料を見られるよう、Free Dictionaryの
Jesusへリンクして置きました。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史/考古学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月29日

本日の犬棒 言語学

Ursi's Blogで珍しいサイトにぶつかりました。 色々な言語に関しての考察・研究の成果なのですが、サイトの管理者はこれは本業ではなく、趣味でやっていると仰っています。 げげっ。 本職の方々の立つ瀬が無くなりそうですね。

膨大な資料で、私自身、ほんのチョコッと覗いただけですが、直ぐにブックマークしました。 この先、何度も参考資料として引かせて頂く事に成ると思います。

Ancient Scriptsのサイトです。
ラベル:言語学
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史/考古学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月14日

オデッセウスの故郷 近況

今日は、こんなBBCの記事Drill hole begins Homeric questにぶつかりましたので、載せて置きます。

オデッセウスの故郷の話については以前の記事でも再三取り上げました。

オデッセウス出身地 その三

オデッセウスの故郷

オデッセウスの墓

一年振りに、何か動きが有ったようです。 この話しはこれからも尾を引くと思います。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史/考古学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月28日

中近東の征服者 過去五千年

紀元前3,000年から現在に至る間に、中近東の覇者の栄枯盛衰を簡潔な図表の変遷で表しています。これからの教材にはこのくらいの創意工夫が求められるのでしょう。Maps of Warのサイトです。 地図の上にある箱枠の中の「PLAY」をクリックすると動画が始まります。

A Welish Viewの記事Who Has Conquered The Middle East Over the Past 5,000 Years経由。
ラベル:中近東
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史/考古学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

本日の写真 The Vinland map, 千年前の大西洋?

1000年前の地図 大西洋.jpg
写真をクリックするとやや拡大したものが現れます。

なんか、とたんに、この事に関しての記事が続いているようです。

でもね、全部、西洋人の好き勝手な思い込み。

覚えておいて下さいよ、中国人だろうがバイキングだろうが、が、アメリカを「発見」した時には、既にウン千年に(或いは、数万年)わたって原住民は住んでいたのですよ。

今回の記事の出所になったLew Rockwellの記事はこちらです。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史/考古学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月16日

本日の写真 世界地図 1418年かも?

chinesemap.jpg
写真をクリックするとやや拡大したものが現れます。

VotkapunditのブログにNot the Real Thingのタイトルで載っている記事からです。 日本ではよく知られている鄭和の海外遠征の話しですが英語圏ではさほど知られてはいないのかも知れませんね。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(2) | 歴史/考古学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月07日

古地図

地図 パリ 1572年.jpg
画像をクリックするとやや拡大したものが出ます。

ヨーロッパ、中近東、アフリカが範疇です。 この地域の主要都市の時代物の地図が載っています。 Ursi's Blogで見つけました。

Historic Citiesのサイトです。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史/考古学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

地質学の始め

first_map of geology.jpg
1815年、英国で William Smith によって作られた地質を表した地図。


全部で四百作られ、現在、全世界で四十三部存在が確認されているものの一つ。 スミス氏が歩いて調査し、地図の黒線は印刷できても、地質ごとの色分けは全て手作業で塗られたそうです。 Live Science の記事をここにリンクして置きます。 記事の中で張られているリンクから拡大された地図に繋がります。 1,200 X 1,769 ピクセルの地図です。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史/考古学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月01日

オデッセウスの出身地 その三

昨日このトピックについて共同通信の記事をリンクしました。 其の時、元ネタの「三十日付英紙タイムズの記事」とやらを探してみましたが見つかりませんでした。 今日になってこのロサンゼルス・タイムスの記事に出くわしました。 同じ事で三回目のポスティングはしつこいですが、個人的にもーれつに興味を持っているトピックなので掲載しちゃいます。 この説によると現在のケファリニア島の西側の部分が分かれていて、別の島だったとされてます。

想像を逞しくするため、グーグルの
サテライト写真もリンクしました。 

何といっても、ホーマーの書いた事に関してですので、このお話はまだまだ続きが出てくると思います。 かのチューキィディデスでさえも、ホーマーの文書は史実であるとの確信の上で、自分の歴史書を書いていたのですから。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 14:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 歴史/考古学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月30日

オデッセウスの故郷

今度はケファリニア島の西側、バリキという所がオデッセウスの故郷として候補に上がりました。 共同通信の記事をここにリンクしました。

九月二十六日のここでのポスト、オデッセウスの墓では、ケファロニア島(英語式発音ですね)のポロスの市長さんが、おらが町こそ、と言ってました。 

三千数百年前のことに関して、突然、複数の答えが出されたようです。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史/考古学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月26日

オデッセウスの墓

ホーマーの話はトロイが史実だった様に、オデッセウスも実在した人物だったと。 只、彼の王国は現在イサカ島と呼ばれている所ではなく、隣のケファロニア島東南にある、現在の小さな町ポロスのあたりであったと。 The Madera Tribuneが掲載しています。 シュリーマンの夢の再来みたいです。

ケファロニア島あたりのGoogle Mapをリンクしました。

LewRockwell.Com経由。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史/考古学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

平安時代前期後半(9世紀後半)大谷3号窯

申し遅れましたが歴史にはチョッと興味があります。 こんな記事も、変に気になります。 だからどうだって言うの、の部類でした。 おわり。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史/考古学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月22日

四千年前の絹

四千年前に地中海地域で絹織物が作られ、藍染めされていたとなると、考古学学界はてんやわんやになるのでしょう。 共同の記事を貼って置きます。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 22:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 歴史/考古学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月17日

アトランティス

アトランティスが神話なのか歴史なのか、強い関心を持っている事の一つです。 アトランティスと出てくれば、直ぐ飛びついちゃいます。 このBBCの記事も只の推測の域を出てない様です。 ま、場所は良さそうです。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史/考古学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。