2006年08月21日

夏の甲子園 優勝決定戦 其の弐

早稲田実、4―3で駒大苫小牧下し悲願の初優勝

この夏一番の不覚。 一番大事な試合を見逃した。
ガサガサと忙しい一日だったが、今日の試合のことは気にしていた。
午後一時試合開始で、簡単にケリのつく様なことはないだろうと推測し、サッサと雑用を片付けてからテレビに向かえば終盤を見ることが出来るだろうと思っていた。 残念! 午後四時を回ってからテレビをつけたら、時既に遅し。 試合は終わっていた。

とは言え、こんな一大事件、どのテレビ局でもさわりの場面を繰り返し映していたので、部分的には、現場の感覚に接することが出来た。

試合後に王 貞治先輩からのメッセージもテレビで披露されていた。 
そこにも言われていた様に、今年、27回目の甲子園出場で遂に掴んだ勝利には斎藤 佑樹投手/選手を抜きにしては語れないでしょう。

「準々決勝から4連投の先発・斎藤は、140キロを超える速球と鋭い変化球で13三振を奪い、無四球で完投した。」と朝日の記事にもありました。

九回表の最後のバッターは田中 将大。 空振り三振で試合終了。
千両役者のオンパレードでした。

ねーー、野球は夏の甲子園に限るって!
また来年を期待しています。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 21:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球/ベースボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

夏の甲子園 十五日目 優勝決定戦其の壱

8月20日の試合(第 15 日)

決勝は駒大苫小牧(南北海道) 1 ― 1早稲田実(西東京)。

たまたま、偶然に南北対東西のぶつかり合いとなりました。
勝負は横綱相撲。 千秋楽に十四戦白星同士の、横綱朝青龍と大関白鵬が対戦し、水入り後の勝負が同体と判定されて、取り直しの一番となると言うような事に擬して良いのでしょうか。

最後の最後まで緊張感の続いた試合でした。
延長十五回表に早稲田実業の斉藤投手が147kmや146kmの速球を畳み込んだのは圧巻でした。駒大苫小牧の田中 将大投手も、一歩も引かず。

明日午後までの水入り。 37年振りの事とやら。
両チームとも気合充分の様。
明日の試合が待ち遠しいです。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(2) | 野球/ベースボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

夏の甲子園 十四日目 準決勝二試合

遂に決勝戦出場校が決まりましたね。 駒大苫小牧と早稲田実。 三連覇を狙う北の王者対26年振りにここまで来た王監督の後輩達。 たのしみ。

一応、スコアを載せておきます。
8月19日の試合(第 14 日)

第1試合 準決勝 駒大苫小牧(南北海道)7 ― 4 智弁和歌山(和歌山)

智弁和歌山 1 2 0 1 0 0 0 0 0 =4
駒大苫小牧 4 0 1 0 2 0 0 0 x =7   

第2試合 準決勝 早稲田実(西東京) 5 ― 0 鹿児島工(鹿児島)

鹿児島工 0 0 0 0 0 0 0 0 0 =0
早稲田実 3 1 0 0 0 0 0 1 x =5
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 16:34| Comment(1) | TrackBack(1) | 野球/ベースボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

夏の甲子園 十三日目 準々決勝 其の二

8月18日の試合(第 13 日)

第1試合 準々決勝 早稲田実(西東京) 5 ― 2 日大山形(山形)

第2試合 準々決勝 鹿児島工(鹿児島) 3 ― 2 福知山成美(京都)

今日の二試合も接戦でした。

第一試合の早稲田実対日大山形は八回の裏になって早稲田実の逆転で、逃げ切り。

第二試合の鹿児島工対福知山成美は2-2の同点で延長戦。 十回表に鹿児島工が四番、鮫島 哲新のホームランで勝ち越し点。 其の裏、日大山形は、こちらも四番の塚下 雄介が三塁打と、同点まで後一押し。 しかし、後が続かず、初出場の鹿児島工が準決勝へ。

とうとう、残り試合三つ。 内容のぎっしりと詰まった今大会です。
ラベル:甲子園 高校野球
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 19:34| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球/ベースボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

夏の甲子園 十二日目 準々決勝 其の一

流石夏の甲子園。 はらはら、どきどきの連続です。

先ずは8月17日の試合(第 12 日)です。

第1試合 駒大苫小牧(南北海道) 5 ― 4 東洋大姫路(兵庫)

前半は東洋大姫路が4-0と駒大苫小牧を押さえ込んで居たのでしたが、後半になって駒大苫小牧の破壊力が爆発しました。

第2試合 智弁和歌山(和歌山) 13 ― 12 帝京(東東京)

こちらの試合のどんでん返しはもっと派手でした。 
ホームラン最多の試合運び。
九回の表4-8から、帝京がまさか、まさかの逆転で、12-8へと。
すつげーーー、としか、言葉が出ませんでした。

しかし、これで終わらないのが夏の甲子園。

九回の裏、帝京の投手陣が総崩れしてしまい、智弁和歌山の再逆転さよなら勝。

しびれました。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球/ベースボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月16日

夏の甲子園 第十一日

これでベスト8が出揃いました。

8月16日の試合(第 11 日)

第1試合 3回戦 早稲田実(西東京) 7 ― 1 福井商(福井)

第2試合 3回戦 日大山形(山形)  11 ― 10 今治西(愛媛)

第3試合 3回戦 智弁和歌山(和歌山)8 ― 3 八重山商工(沖縄)

第4試合 3回戦 福知山成美(京都) 6 ― 3 熊本工(熊本)

並んでみれば、そんなもんかなと納得してしまいます。

第二試合の日大山形対今治西の試合は8-8で延長戦にもつれ込んだところ迄はテレビで観ていたのですが、その後、雑用のため外出していて、延長十三回の攻防見逃して仕舞いました。 本日一番の場面だったのでしょうね。

ここまで来ると、駒大苫小牧の三連覇成るかが大きな目玉となった様に見えます。 野次馬のテンションが上がってきました。
ラベル:ベスト8
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球/ベースボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

夏の甲子園 十日目

ベスト8の半分が決まりました。

8月15日の試合(第 10 日)

第1試合 3回戦 駒大苫小牧(南北海道)10 ― 9青森山田(青森)

第2試合 3回戦 東洋大姫路(兵庫) 5 ― 2 桐生第一(群馬)

第3試合 3回戦 帝京(東東京) 5 ― 4 福岡工大城東(福岡)

第4試合 3回戦 鹿児島工(鹿児島) 9 ― 3 香川西(香川)

第一試合、駒大苫小牧対青森山田、この3回戦中最初の横綱対決。 トーナメント制の妙味と言うか、勿体無さと言うか、こんな好取組が三回戦でぶつかってしまいました。 いゃー。 凄い試合でしたね。 はじめ、チョッとテレビで観て、その後、他の作業をしながらラジオで聞いていたのですが、九回に及んで、全てをほったらかしてテレビ前に直行。 駒大苫小牧の逆転さよならの決定的場面を観ました。

第三試合、帝京対福岡工大城東。 帝京が楽勝するものと思っていました。 いやいやいや、福岡工大城東の御方々、ご無礼致し仕り候。 ギリギリの接線でした。

東洋大姫路が二十年振り、鹿児島工が初出場で、それぞれベスト8に到達。

明日でベスト8の勢揃い。 煮づまってきました。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球/ベースボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月14日

夏の甲子園 九日目

取り敢えず、今日の結果。


8月14日の試合(第 9 日)結果。

第1試合 2回戦 智弁和歌山(和歌山) 5 ― 2 金沢(石川)

第2試合 2回戦 福知山成美(京都) 4 ― 0 静岡商(静岡)

第3試合 2回戦 熊本工(熊本) 5 ― 3 天理(奈良)

これでベスト・シィクスティーンが出揃いました。

生意気を言いますと、第一試合と第二試合は想定内。
今日のビックリは第三試合、熊本工(熊本)対 天理(奈良)の結末です。 前半、天理優勢で来たのが、七回に同点に追いつかれ、九回に逆転されてしまいました。 うをー、でした。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球/ベースボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

夏の甲子園 八日目

8月13日の試合(第 8 日)

第1試合 2回戦 福井商(福井) 7 ― 6 清峰(長崎)

第2試合 2回戦 日大山形(山形) 6 ― 3 仙台育英(宮城)

第3試合 2回戦 今治西(愛媛)  12 ― 3 文星芸大付(栃木)

第4試合 2回戦 八重山商工(沖縄) 5 ― 3 松代(長野)

今治西が破壊力を見せ付けました。 われらが地元(と言っても小生は茨城都民に近い移住者ですが)の星、常総学院を一回戦で11-8で潰した学校です。 おぬし、やるのぅ。

八重山商工が初出場で2回戦突破。 石垣島からですよ。 名の知れた甲子園出場候補の高校には全国からスカウトされて来た将来有望な野球少年が集まり、切磋琢磨を繰り返し、凄いチームが作られていると想定しています。 しかし、しかしですよ、甲子園出場を目指して石垣島に移ってくる野球少年は、まずいないと思います。 と言う事は、地元界隈からの生徒達だけで、これだけの強いチームを作れたと言う事になりますね。 ふれー、ふれー。 応援しちゃいます。
ラベル:甲子園 高校野球
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球/ベースボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

夏の甲子園 七日目

8月12日の試合(第 7 日)

第1試合 2回戦 帝京(東東京) 10 ― 2 如水館(広島)
帝京は一回表、先頭打者のホームランと、派手な出だし。 二回にも一点加えた。 しかし、その後、試合は膠着状態。 六回、七回に、一点ずつ如水館に点を返され同点。 これが帝京の尻に火を点けた。 八回と九回で、ホームラン三本を含み、八点追加して圧勝。

第2試合 2回戦 香川西(香川) 2 ― 1 日本文理(新潟)
この試合は殆ど見ていなかったので感想なし。

第3試合 2回戦 鹿児島工(鹿児島) 3 ― 2 高知商(高知)
西郷隆盛 対 坂本龍馬の代理戦争。 九回の裏、龍馬軍は、3-2で、ノーアウト、一、二塁まで攻め寄ったが及ばず、西郷どんに勝ちきられた。

第4試合 2回戦 早稲田実(西東京) 11 ― 2 大阪桐蔭(大阪)
桐蔭の小杉選手のホームランは其れなりに良いのですが、結局、得点はそれだけ。 早稲田実の得点力を見せつけられた試合でした。

本日は帝京と早稲田実と、東京の東西代表両校の強さが際立った日でした。
小生の現住所は茨城県牛久市ですが、生まれ育ちは東京でして、ついつい東京のチームには色目がちになってしまいます。 

posted by 草花亭 一茶菜斎 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球/ベースボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

夏の甲子園 六日目

8月11日の試合(第 6 日)結果。

第1試合 2回戦 青森山田(青森) 7 ― 0 延岡学園(宮崎)

第2試合 2回戦 桐生第一(群馬) 6 ― 5 佐賀商(佐賀)

第3試合 2回戦 東洋大姫路(兵庫) 4 ― 2 甲府工(山梨)

第4試合 2回戦 福岡工大城東(福岡) 4 ― 0 専大北上(岩手)

青森山田は流石の貫禄。 今大会初の完封勝利。 今日まで見てきたチームの中では、優勝候補第一。

第二試合は前半チョッとだけ見て、その後外出していたので、返って来た時、桐生が逆転勝ちしていたので驚いた。

第三試合と第四試合はともに、終盤を他の作業をしながら、ラジオで聞いていて、ここ一番となった時、急いでテレビをつけて観た。 それぞれ、ドラマ満載の試合でした。 久しぶりに聞くラジオでの実況中継。 是は是で、良いもんですね。 実に軽やかなリズムがあります。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球/ベースボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

夏の甲子園 五日目

8月10日の試合(第 5 日)

全部の試合を全部見ていた分けではないので、生意気なコメントを付けるのも気が引けるのではありますが、それでは一茶菜斎(いっちゃいなさい)の名に萎れるので、好き勝手書きます。

今日は、全般に拍子抜けの感がありました。

第1試合 1回戦 熊本工(熊本) 6 ― 4試合結果 三重(三重)

第2試合 1回戦 天理(奈良) 7 ― 5試合結果 本荘(秋田)

第3試合 2回戦 駒大苫小牧(南北海道)5 ― 3試合結果 南陽工(山口)

第一試合、熊本工対三重に関しては何の想像も浮かばないまま試合を見ました。 終わっても、ピンときません。

今日、何がしかの思い入れのあった試合は第二試合と第三試合です。 天理と駒大苫小牧がどれ程の仕上がりで甲子園に来たかです。 両校とも、ぶっ千切りで圧勝するものだと思っていました。 ところが両校とも勝ったは勝ったけど、かなり対戦相手から煽られていました。 おやおや。 是では駒大苫小牧の三連覇はきつそうだなと感じました。

ラベル:高校野球 甲子園
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 23:19| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球/ベースボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月09日

夏の甲子園 四日目

08月09日の試合(第 4 日)
昨日までと異なり、四試合が淡々と進んだ印象を受けました。 確かに、いくつかの想定外もありました。 例えば、浦和学園がここまでの大差で負けるとはイメージできていませんでした。 

第1試合 1回戦 智弁和歌山(和歌山)4 ― 1 県岐阜商(岐阜)

第2試合 1回戦 金沢(石川) 9 ― 3 浦和学院(埼玉)

第3試合 1回戦 静岡商(静岡) 8 ― 2 八幡商(滋賀)

第4試合 1回戦 福知山成美(京都) 6 ― 4 愛工大名電(愛知)

ベスト16が出揃うのが楽しみです。
ラベル:高校野球 甲子園
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球/ベースボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏の甲子園 第三日

今日は激闘の連続でした。

第1試合 [ 1回戦 ] 関西(岡山) 10 ― 11 文星芸大付(栃木)
文星芸大付の九回裏逆転さよなら勝ち。

11:00 第2試合 [ 1回戦 ] 常総学院(茨城) 8 ― 11 今
治西(愛媛)
木内監督ょどこぞ!

13:30 第3試合 [ 1回戦 ] 倉吉北(鳥取) 6 ― 7 松代(長野)
延長十一回裏での勝ち越。

16:00 第4試合 [ 1回戦 ] 千葉経大付(千葉) 6 ― 9 八重山商工(沖縄)
九回表に6-6同点に追いつき、延長十回表に三点加点して逃げ切り。

見ているだけで体脂肪を燃焼してしまった様な気がします。
ラベル:高校野球 甲子園
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 00:18| Comment(0) | TrackBack(2) | 野球/ベースボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

高校野球 夏の甲子園第二日

8月7日の試合(第 2 日)

第1試合 1回戦 清峰(長崎) 22 ― 3試合結果   光南(福島)

第2試合 1回戦 福井商(福井) 8 ― 1試合結果   福岡(富山)

第3試合 1回戦 仙台育英(宮城) 5 ― 1試合結果  徳島商(徳島)

第4試合 1回戦 日大山形(山形) 6 ― 2試合結果  開星(島根)

この時点ではまだまだ大量点差の試合が目立ちますね。
2回戦が終わって、ベスト16に絞り込まれた辺りからから、手に汗握る様になるのではないでしょうか。

台風がちと、気になります。
ラベル:高校野球 甲子園
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 20:32| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球/ベースボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

第88回全国高校野球選手権大会第1日

第88回全国高校野球選手権大会が始まりました。
今日行われた三試合は何れも部分的にしか見ることが出来なかったです。

第一試合の白樺学園対高知商は始めに見た時は6-2で白樺がリードしていたところでした。 其処から、スルスルと、7-7同点となるところまでは、チラチラと見ていたのですが、その後、高知商が10-7と勝ち越す場面を見逃してしまいました。

早稲田実対鶴崎工の試合は7-0の状況からの観戦。 結果は早稲田実の13-1。 でも、鶴崎工が執念の一点を返した場面は見ることが出来ました。

大阪桐蔭対横浜は五回に2-2となったところまでしか見ていなかったので、結果、大阪桐蔭の11-6での勝ちとは、後で知って驚きました。

初日から波乱万丈。
これぞ夏の甲子園。

取り敢えず、データが沢山出てきそうな朝日のサイトをリンクして置きます。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球/ベースボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月04日

第88回全国高校野球選手権大会

夏の甲子園の組み合わせ一覧が出ました。 試合が六日、日曜日から始まりますね。 わくわくしてます。

このブログを以前から見て下さっている方々はご存知のように大相撲とF - 1レーシングと夏の甲子園には目が無い一茶菜斎です。 テレビ観戦することが出来た試合については、好き勝手コメントする積りです。
ラベル:高校野球 甲子園
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 21:42| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球/ベースボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月22日

城島がマリナーズへ 日本人捕手初のメジャー

城島マリナーへ移籍.jpg

共同通信社からの午前九時二十六分発の記事をここにリンクしました。 三年契約で1900万ドルと報道されています。

MLBのオフィシャル・サイトからの記事をここにリンクしました。 こちらが引用しているシアトルの新聞記事ですと、三年契約で約1500万ドルとなっています。

じきに正式発表されるのでしょう。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 10:32| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球/ベースボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月15日

松井秀喜 四年契約 五千万ドル

このMLBのサイトからのニュースでは、まだサインされた分けではないのですが、ほぼ確実といった雰囲気です。

MLBのオフィシャル・サイトの記事をここにリンクしました。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球/ベースボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月11日

Carpenter nabs Cy Young honors

Chris Carpenter 投手.jpg


ナショナル・リーグのサイ・ヤング賞は大工さんでした。

Voting results
Player, Club         1st 2nd 3rd Points
Chris Carpenter, Cardinals 19 12 1 132
Dontrelle Willis, Marlins 11 18 3 112
Roger Clemens, Astros      2 2 24 40
Roy Oswalt, Astros 0 0 2 2
Chad Cordero, Nationals 0 0 1 1
Andy Pettitte, Astros 0 0 1 1

それでは、この結果を又、八日にポスティングしたロード・アイランド大学の数学教師夫妻の予言と比べます。 先生方の計算はこんなもんでした、

Chris Carpenter, St. Louis (6.4257 points)
Dontrelle Willis, Florida (6.3420)
Roy Oswalt, Houston (5.9064)


恐ろしや! 一位、二位はドンピシャリ。 クレメンス投手の絶大なる人気が数学の想定範囲外であった様です。 それにしても、凄い予想でした。


MLBのオフィシャル・サイトからの記事をここにリンクして置きます。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 09:56| Comment(0) | TrackBack(2) | 野球/ベースボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

Colon named AL Cy Young winner

Bartolo Colon 投手.jpg

昨日ここでサイ・ヤング賞 予想屋数学者を掲載しました。 そこでロード・アイランド大学の数学教師夫妻が数学的に予言したサイ・ヤング賞受賞者の名前があがりました。 夫婦の予想は
In the American League, the top starters in their model are, in order,

Bartolo Colon, LA/Anaheim (5.8074)
Johann Santana, Minnesota (5.3671)
Jon Garland, Chicago (5.0730)

"Our model quantifies the fact that there is no AL pitcher who will knock the voters' socks off," says Abrahamson. Therefore, Sparks says the two are "very confident" that the AL Cy Young Award will go to Mariano Rivera, a relief pitcher who had a particularly outstanding year. A Cy Young for Rivera, they say, would also serve as a kind of "lifetime achievement award" as Rivera, who has never earned the award, is likely toward the end of a very distinctive career.

というものでした。 数字はコロン投手一位。 サンタナ投手二位。 しかし、接戦の混戦と読み、敢えてリベラ投手の勝ちを予測しました。 結果として、勝者を間違えてしまいました。 しかし、予測の鋭さも際立ちました。

MLBのオフィシャル・サイトからコロン投手受賞の記事です。

十一月十日にナショナル・リーグの受賞者が発表される予定です。 これは、楽しみです。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 11:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球/ベースボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

サイ・ヤング賞 予想屋数学者

2005年のサイ・ヤング賞は、アメリカン・リーグは十一月八日、ナショナル・リーグは十一月十日に発表される予定。 待てない人もいるようです。

ロード・アイランド大学で夫婦揃って数学の教鞭を執っているレベッカ・スパークスとデビット・エィブラハムソンは、彼らの得意技、数学、を使って受賞者を予想しちゃいました。

セントルイス・カーディナルズのクリス・カーペンターとニューヨーク・ヤンキースのマリアノ・リベラの二人です。

記事の一部を引用します。
Using their formula, the researchers come up with the following predictions for the first three places in the 2005 National League voting:

• Chris Carpenter, St. Louis (6.4257 points)
• Dontrelle Willis, Florida (6.3420)
• Roy Oswalt, Houston (5.9064)

In the American League, the top starters in their model are, in order,

• Bartolo Colon, LA/Anaheim (5.8074)
• Johann Santana, Minnesota (5.3671)
• Jon Garland, Chicago (5.0730)

"Our model quantifies the fact that there is no AL pitcher who will knock the voters' socks off," says Abrahamson. Therefore, Sparks says the two are "very confident" that the AL Cy Young Award will go to Mariano Rivera, a relief pitcher who had a particularly outstanding year. A Cy Young for Rivera, they say, would also serve as a kind of "lifetime achievement award" as Rivera, who has never earned the award, is likely toward the end of a very distinctive career.


Live Science の記事全文はここにリンクして置きました。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 10:07| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球/ベースボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月27日

今日は何の日

十月二十七日、今年三百日目。 残り、六十五日。

色んな事が記録されている中から、これが目に留まりました。
In 1904, the first rapid transit subway, the IRT, was inaugurated in New York City.

1904年ですよ。 我が帝国はロシアとドンパチやっていた時ですよ。 その頃に、既に地下鉄が必要だったと。

それと、もう一つ、丁度一年前でした。
One year ago: The Boston Red Sox won their first World Series since 1918, sweeping the St. Louis Cardinals in Game 4, 3-0.


今年はどんな日になるのでしょう。
Wソックス対アストロズの第四試合は、現地で二十六日午後七時三十三分試合開始(日本時間、二十七日、午前九時三十三分」です。 はい、現在進行中です。 今、ニ回の表、0 - 0です。
MLBのオフィシャル・サイトからスコアー・ボードをここにリンクして置きます。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球/ベースボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月26日

ロッテ日本一

あっしのダチに強烈な阪神ファンがいやして。 で、チィト、気兼ねして、言葉少なめにしてきやしたが、実は日本シリーズは第一試合から全部、完全に観ておりやした。 口を開けさせていただけるとの事で、この際、イッチャイナサイしちゃいますと、「実力の差は歴然」。 はい、友人が一人減ってしまったかも知れません。 さほど気にしてないかな。

ま、今日の試合は、前三回とは違い、阪神も一点差と詰め寄り、ボコボコにされたのでは無いので、百分の一位はメンツを保ったといえるでしょう。

ネット上で最初に出くわした、この読売の記事をここにリンクしました。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 22:04| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球/ベースボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホワイト・ソックス 7 - 5 アストロ

メージャー・リーグ・ベースボール第三戦は、シカゴ・ホワイト・ソックスが延長十四回を制し、七対五で三勝目。 長い長い試合、お疲れさん。

MLBのオフィシャル・サイトをここにリンクして置きます。 ホームページが現れると思いますので、いじくってください。 どこかに試合結果が載っています。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球/ベースボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月24日

無念 9th Inning Homer Lifts White Sox

無念.jpg

リッジ投手の姿が痛々しいです。

CBS NEWSの記事をここにリンクしました。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 20:40| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球/ベースボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月17日

ロッテ 3 - 2 ソフトバンク

雨の月曜日でも球場はファンで一杯。 テレ東も延長、最長午後11時4分までありの体制。 中身の濃い試合を見せてもらいました。 八回の表、初芝がラッキーな形で出塁した時、バントで来るかと思いきや、強気の作戦で成功。 これがバレンタイン監督の美学なのでしょう。 そして、九回の裏、一点リードの試合を預けたのは小林雅英投手。 これぞ名将の一仕事。 観て得した気持ちになった試合でした。

関連資料のテンコ盛りとして、このヤフーのサイトをリンクして置きます。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(6) | 野球/ベースボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月10日

Astros Oust Braves in Record 18 Innings

試合二回分。 十八回の裏でさよならホームラン。 こりゃぁ、観客も途中で帰れなかったでしょう。 そして、最後はクレメンスが〆てクリス・バークが一発ひっぱたいた。

Yahoo経由のAP伝の記事をここにリンクしました。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球/ベースボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月05日

ベースボール・アルマナック

J-Walk Blog 一押しのベースボール関連資料の玉手箱。 ここにBaseball Almanacをリンクしました。

J-Walk 曰く
This is probably the best baseball site on the Web: Baseball Almanac.


ついつい時間を取られてしまう恐れがあります。 お急ぎの時は覗かないほうが良いと思います。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球/ベースボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月20日

甲子園 駒大苫小牧二年連続優勝

九回の表をきっちりと打者三人に押さえて勝ち切り。 ガップリの取っ組み合いを見せてくれました。

決勝戦、京都外大西(京都) 3 - 5 駒大苫小牧(南北海道)の結果、データをここにリンクしました。

これで、今年の暑い熱い風物詩が、また一つ完結しました。 全国高校野球選手権大会とは日本が世界に誇れる内容の非常に濃い一大イベントと考えてます。 アメリカはもとより、野球/ベースボールの文化のある国・地域に映像を輸出するべきと思います。 引き込まれる人は世界中にいるでしょう。 そして、いつの日か、お国代表を甲子園に送りたいと言い出すところが現れたら全部受けちゃうのが良いと思います。 今の大相撲が参考になります。 親善試合も良いじゃないですか。 先輩、寄付金宜しく。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 15:51| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球/ベースボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月19日

甲子園 準決勝

第一試合、京都外大西(京都) 10 - 8 宇部商(山口)のデータをここにリンクしました。 大関同士の試合。 シーソーゲームはおもろいです。

第二試合、駒大苫小牧(南北海道) 6 - 5 大阪桐蔭(大阪)のデータはこちらのリンクです。 こちらは横綱同士の取り組み。 ガップリ四つに組んで、五対五で延長へ突入。 しかし、十回は駒大の寄り切り。 二年連続決勝進出。 私の想定はハズレでした。

決勝戦も点の取り合いが野次馬の希望。 
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球/ベースボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月18日

甲子園 準々決勝第二日

第一試合、東北(宮城) 4 - 6 大阪桐蔭(大阪)のデータをここにリンクしました。 七回の裏から観ました。 平田良介選手が、PL学園の清原以来、21年振り、二人目の一試合三ホームランを打ったところをバッチリと観ました。 今年のドラフトで幾つの球団が応募するのかが見ものです。 辻内崇伸投手も取り合い合戦になるのでしょう。

第二試合、宇部商(山口) 5 - 3 日大三(西東京)のデータはこちらです。 この試合は雑用をしながら携帯電話のテレビ(雑音、雑画70%)でチェックをいれていて、八回の裏に桑田祥平選手の安打で日大三が三対二と逆転したところで、用事をほったらかしてテレビをつけました。 そして、九回の表の宇部商業の更なる逆転劇を満喫させてもらいました。 野球は夏の甲子園に尽きる。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球/ベースボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月17日

甲子園 準々決勝第一日目

第一試合、京都外大西(京都) 9 - 1 樟南(鹿児島)のデータをここにリンクしました。 準々決勝まで来て九対一はきついね。 鹿児島までの帰りの道程がとてつもなく長くかんじるだろうね。

第二試合、鳴門工(徳島) 6 - 7 駒大苫小牧(南北海道)のデータはこちらのリンクです。 こちらの試合は、雑用が一段落してテレビをつけたら七回の裏、六対一で鳴門がリードしていた。 あーぁ、去年の優勝校もこれまでかと思った。 その直ぐ後、事件が起こった。 あれよ、あれよ、と逆転。 すげー、でした。

明日も楽しみ。 一応、東北対大阪桐蔭が優勝決定戦と踏んでます。 
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球/ベースボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月16日

甲子園 第十一日

ベスト・エイトに残るということは、やっぱり、とてつもなく大変な事。 改めて面子を見渡せば、さもありなんといったところばかし。

第一試合、青森山田(青森) 2 - 4 東北(宮城)のデータをここにリンクしました。

第二試合、京都外大西(京都) 4 - 0 桐光学園(神奈川)のデータをこちなにリンクします。

第三試合、清峰(長崎) 1 - 4 大阪桐蔭(大阪)のデータはここです

第四試合、宇部商(山口) 11 - 2 酒田南(山形)のデータはこのリンクです。

とうとうベスト・エイトまで煮詰まって来ました。 明日からの準々決勝の組み合わせを見ると、どこもまだ一息入れられる余裕は無いようです。 野次馬側からの視点では申し分の無い展開です。 どれもこれも期待をもたせる組み合わせです。 地元も贔屓も残ってはいませんが、現時点に於いて一番楽しみにしているのは十八日の第一試合、東北対大阪桐蔭です。 
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球/ベースボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月15日

甲子園 第十日

三回戦の1日目、四試合が行われました。 勝ち残ったところはどれも順当の一日でした。 印象に残ったのは、一番長い時間観る事が出来た第四試合です。 四回の表に打線がかみ合って攻撃が功を奏し、その後、優勢のまま終盤へ。 もう勝ち切っただろうという八回にスクィーズで一点を追加。 九回にも、しっかりと、駄目押しの上塗りの追加点。 殺し屋の凄みを見せてもらいました。 「ほー!」が出ました。

第一試合、日大三(西東京) 9 - 6 前橋商(群馬)のデータをここにリンクして置きます。

第二試合、駒大苫小牧(南北海道) 13 - 1 日本航空(山梨)のデータはこちらのリンクです。

第三試合、樟南(鹿児島) 6 - 2 銚子商(千葉)のデータはこのリンクです。

第四試合、鳴門工(徳島) 10 - 3 高陽東(広島)のデータをこちらにリンクして置きました。

明日、第十一日目の第一試合、青森山田(青森)対東北(宮城)、を優勝決定戦だとわめいて置きます。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球/ベースボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月14日

甲子園 第九日

今日で二回戦が終わり、十六校が揃いました。 そして、今日の第三試合は楽しみにしていた初出場、公立校、の酒田南と経験豊富な沖縄尚学。 この試合だけはほぼ全部見ていました。 全体を通して、酒田南の優勢な試合運び。 すんなりと終わるかと思いきや。 やっぱり九回の裏までもつれ込みました。 九回の裏は二点差の沖縄尚学が満塁まで攻め寄ったのですが、酒田南に逃げきられてしまいました。 いい試合を見せてもらいました。

第一試合、清峰 9 - 4 済美のデータはここにリンクしました。

第二試合、宇部商 4 - 0 静清工のデータはこちらです。

第三試合、酒田南 4 - 2 沖縄尚学のデータはこっちです。

明日からは三回戦。 煮詰まって来ました。 野次馬のやり甲斐が高まって着ます。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球/ベースボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月13日

甲子園 第八日

ねー。 だから、言ったじゃない。 雪でも降って、天変地異が起こらねば、やばいって。 あーぁ。 おらが地元、藤代は1 - 8 で大阪桐蔭に負けて仕舞いました。 それも、奪三振十九という、大会記録タイという御褒美を献上してです。 ふぅー。 がく。

地元がらみの他で、記憶に残ったのは第三試合、京都外大西対関西を、たまたま、テレビをつけたら、八回の表、4 - 10 で京都が負けていたところからでした。 そこで同点になり、九回には 12 - 10 と逆転勝ちをもぎ取った流れでした。 これぞ、高校野球ならではの大激変劇。


今日の四試合のデータを掲載して置きます。

第一試合、東北 4 - 3 遊学館のデータはここです

第二試合、桐光学園 3 - 2 聖光学院のデータはこちら

第三試合、京都外大西 12 - 10 関西のデータはこのリンク

第四試合、大阪桐蔭 8 - 1 藤代のデータはこのリンク見なくていいよ
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球/ベースボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月12日

甲子園 第七日

今日もほとんど試合を観る事は出来ませんでした。 そんな中、青森山田と国士舘の試合は七回裏から見ることが出来ました。 あの、柔道部から借りてきた様な、四番でピッチャーの柳田将利投手が自分でホームランまで打って、国士舘を突き放し、完封を決めたところでした。 投げては奪三振十、被安打三、四死球ゼロ。 国士舘の山形研二投手は奪三振ゼロ。 これで、第一回で散って行った智弁和歌山がそれなりに力のあるチームだったことが証明されたようです。 組み合わせの妙ですね。

第一試合、樟南 13 - 4 花巻東のデータはここです

第二試合、高陽東 4 - 2 土岐商のデータはこちら

第三試合、鳴門工 6 - 0 丸亀城西のデータはこのリンク

第四試合、青森山田 3 - 0 国士舘のデータはlinked here

明日、第八日の第四試合は、おらが地元の藤代と横綱大阪桐蔭。 雪でも降ってくれないかな。 普通に行ったら、今日の国士舘スタイルの可能性が高い。 こりゃあ、もう、ディビット対ゴライアス、奇襲で行くっきゃ無いでしょう。 勝つ可能性は限りなくゼロに近いけど、隣組だぜ、気合入れて応援するよ。

posted by 草花亭 一茶菜斎 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球/ベースボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月11日

甲子園第六日

今日も甲子園は熱い長い一日でした。 今日の四試合のデータを下にリンクしました。

第一試合、前橋商 5 - 3 熊本工のデータはここです

第二試合、駒大苫小牧 5 - 0 聖心ウルスラのデータはこちら

第三試合、日本航空 8 - 7 福井商のデータはこれです

第四試合、銚子商 7 - 1 鳥取西のデータはbeen linked here

第三試合は接線ともいえますが、やっぱり逆転を、更に切り返した方に勢いがあったようでした。 その他は順当と、知ったかぶりの評価にして置きます。

第二試合は聖女ウルスラ(カトリック)に道元(禅宗)が勝った、といった言い回しは、高校球児の純真に要らぬ雑言となってしまうのでしょうか。 謹慎。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球/ベースボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

甲子園 第五日

どの試合も、チラッと観ただけでした。 第一試合の酒田南は初出場、公立校、とは思えない強さ。 特に、金本明博選手。 三番打者で二安打。 投げては十二奪三振。 二回戦、沖縄尚学との試合は、じっくりと観たいです。 第九日の第三試合。 メモっときます。

第一試合、酒田南 10 - 2 姫路工のデータはここです

第二試合、沖縄尚学 4 - 1 松商学園のデータはこちら

第三試合、日大三 6 - 2 高知のデータはこのリンクです。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 17:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球/ベースボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

甲子園四日目

アサヒ・ドット・コムからの試合結果をリンクして置きます。

第一試合はここです

第二試合はこちら

第三試合はここ

第四試合はhere

試合によってはチラッと覗くのがやっとだったものもありました。 なので、印象も目隠しして象の足をさわったようなものかも知れませんが、二つ行っときます。 第二試合の清峰の古川秀一投手。 延長十三回を188球で凌ぎきった踏ん張り。 もう一人は第四試合の静清工の二番手として出てきた伊藤亮祐投手。 この投手を打ち崩すのは大変そう。 でも、甲子園の試合です。 飽きさせるような試合は一つも有りませんでした。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球/ベースボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

茨城代表藤代 3 - 2 柳川

まさか、まさかの延長十二回の逃げ切り。

いゃー、もーちろん、我輩が応援してたんだからさ、勝つに決まってるさ。 とは、じぇんじぇん思ってもいませんでした。 只、只、地元びいきで、ドキドキ、ハラハラしてただけ。
いゃー、ほーんと、勝っちゃったよー。

問題は第二試合の相手。桐のかげに隠れたままで、出て来なければ不戦勝って有り?
それ以外は、なんか方法有るかな。
とても悲観的な一応援団員です。

朝日のサイトが更新完了したようなのでここにリンクして置きます。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球/ベースボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

甲子園 大阪桐蔭 9 - 7 春日部共栄

期待通りの大接戦。 両方誉めてあげましょう。 七回裏、同点にされた直ぐ後、ホームランを打った桐蔭の中田翔選手は一年生だって。

はてさて、この後の第四試合はおらが地元、えばらぎけんのぅ出番だっぺ。 くみあわせ、きびしーぃ。 (小生は他都県からの移民、エセ茨城県人でありますが、現在の居場所からみで、藤代をかげながら応援いたします。) 

この記事がやっと更新されたのでここにリンクして置きます。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球/ベースボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

甲子園第三日

第一試合、京都外大西 4 - 1 菰野。 全然見ることが出来ませんでした。 終わってから結果のデータを見ただけです。 詳細はここです

第二試合、高岡商 5 - 6 関西。 七回の表から十回の裏までを見ることが出来ました。 どうして、高校野球はドラマ満載になるのでしょう。 視聴率低迷に悩んでいるテレビ局のお偉いさん達必見。 詳細はここです
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球/ベースボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月07日

甲子園二日目

バタバタと過ごした1日となり高校野球はどの試合もじっくりと見ることが出来ませんでした。 そんな野次馬の感想は、東北 7 - 2 別府青山は想定の範囲内。 遊学館 8 - 6 秋田商では、今日までに出場した14校のなかでは秋田商が一番守備のへたくそなチームでした。 桐光 9 - 7 近江は今日一番の激戦。 聖光 11 - 0 佐賀商では、舟田投手が105球目で唯一のヒットを打たれ、ノー・ヒット・ノー・ランを逃したのが残念。 しかしながら、全部の試合に共通して、9回がこと無しでは収まらないといった甲子園の甲子園たる特徴がよく出ていた一日でした。 

ヤフーの記事をここにリンクして置きます。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球/ベースボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月06日

国士舘 7 - 3 天理

いゃー、第二試合の青森山田と智弁和歌山の試合がすごかったと思っていたら、第三試合はその上を行きました。 こちらも事件が起こったのは九回の表。 一対三と負けて入ったイニングに、国士舘は、相手のエラーも頂いて、同点に持ち込み、延長十回の表に四点リードを、これも相手のエラーも含めて、もぎ取り逆転勝ちしちゃいました。

只、ほかの事をしながらちらちらと見ていたせいも有るのですが、見ていた時は十回の裏、天理はワン・アウトから犠打で一点追加し、四対七と詰め寄った後逃げ切られたと思っていました。 でも、今、新聞社のサイトをみると、どこも十回裏は0点で、試合は七対三で国士舘が勝ったと報じています。 狐につまされた感じです。

大会社の報道を一つここにリンクして置きます。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球/ベースボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青森山田 7 - 5 智弁和歌山

七対三と、四点のリードをもって入った九回の表。 ここですんなりと終わらないのが高校野球。 柔道部か相撲部から借りてきたようなキャッチャー型体型で、四番でピッチャーの柳田の存在感が目立ちました。 でも、ピンチになるたびに力むね。 ヤットコサ、7 - 5 で逃げ切った。 私の足し算が間違っていなければ161球の力投でした。 何試合やれるのだろう。 ま、期待に応えたいい試合でした。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 16:27| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球/ベースボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高校野球開始

昼飯の準備をしながらテレビをつけたら鳴門工対宇都宮南が12対0だった。 食事を終えて後片付けが終わるまでに14対3で試合も終わりました。 大会のスタートを飾るには物足りない組み合わせでした。 第二試合の青森山田対智弁和歌山の組み合わせのほうが客寄せパンダになったのだろう、と、早くも野次馬根性に磨きをかけています。 この二校が第一試合でぶつかってしまうとは勿体無いな。 せいぜい、暇を沢山作って覗いてみたいです。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球/ベースボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月28日

夏の甲子園 補足

うちの若手はこちらのリンクの方がスッキリしていて見やすいのではないかと言ってます。 前にも乗せたこの朝日のサイトと、どちらが見やすいかは、好き勝手決め手下さい。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球/ベースボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏の甲子園 続 茨城大会決勝

先日ここで名前を挙げた藤代高校が張替剛次監督の出身校、竜ヶ崎一校の後輩、井川政平監督率いる波崎柳川高校を二対一に破って、初の夏(選抜は二度)の甲子園行きを勝ち取りました。 オフィシャル・サイトっぽいのをここにリンクしておきます。 神奈川大会も桐光学園の逆転優勝と盛り上がってました。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 16:30| Comment(2) | TrackBack(1) | 野球/ベースボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。