2006年09月16日

大相撲平成十八年九月場所七日目

今日も色々と事件のあった日でしたね。

贔屓の安馬が土を喰らってしまい、幕内に全勝力士がいなくなりました。
これで、我こそはと立ち上がる力士が沢山出てくるのかな。 

一敗に横綱朝青龍、関脇琴光喜、西前頭筆頭露鵬、東前頭六枚目安馬がいる。

二敗には大関琴欧州、千代大海を始め八力士が並んでいる。

現時点に於いてはどんぐりの背比べ。

脱線的話題ですが、今日、幕内と十両に居る春日野部屋の四力士、栃乃洋、栃乃花、栃栄、栃煌山、が揃って勝ちました。 栃錦以来のこの部屋のファンなのです。 近年は上位に関取を出していない事を歯がゆく思っているのですが、今日はよしよしとつぶやきました。

日本相撲協会の公式サイトから七日目の取組および結果(幕内)をリンクして置きました。


posted by 草花亭 一茶菜斎 at 20:52| Comment(0) | TrackBack(1) | 大相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

平成18年度秋場所〜七日目
Excerpt: 「横綱・大関の全敗はいつ以来か?」というのを調べていたら、過去に大関が6人だったことはないということが改めてわかった。(→wikipedia「大関」) 果たして、白鵬が横綱挑戦に失敗して、雅山が大関取..
Weblog: David the smart ass
Tracked: 2006-09-16 21:54

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。