2008年11月21日

大相撲 平成二十年十一月場所 十三日目

白鵬と安馬は共に勝ち、十一勝二敗で先頭集団。
優勝はこの二人のどちらか。
現時点で、どちらが有利かは不明。
実に面白い展開になりました。

稀勢の里対把瑠都の取組への観客からの拍手がひと際大きかったと感じました。

日本相撲協会の公式サイトから十三日目の取組および結果(幕内)をリンクして置きました。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 19:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 大相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110000720
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

一歩ずつ 大関への道 着実に
Excerpt:  平成二十年十一月(九州)場所(於・福岡国際センター)は、十三日目。観てないので結果だけ…でも、普段と変わらない?   日本相撲協会「本場所情報」   銀河大角力協会  各年寄名跡別に、代々の襲..
Weblog: 銀河後悔日誌
Tracked: 2008-11-22 00:56
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。