2008年11月19日

大相撲 平成二十年十一月場所 十一日目

雅山が稀勢の里に負け、横綱白鵬は把瑠都を素早く片付けて仕舞い、白鵬優勝の確率が圧倒的に高まった。

残る不確定要素は明日の結びの一番、対安馬戦。
明日、安馬に勝てば、白鵬優勝決定でしょう。

安馬としても、明日三敗目を食らっては、大関取りが非常にあやぶくなる。最後の三日間の対戦相手は安美錦、把瑠都、琴光喜でしょう。その三番全部を勝たなくてはならない。特に、対把瑠都戦がきになります。

日本相撲協会の公式サイトから十一日目の取組および結果(幕内)をリンクして置きました。
ラベル:十一日目 大相撲
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 19:06| Comment(0) | TrackBack(1) | 大相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

終盤に 調子を上げる 王者かな
Excerpt:  平成二十年十一月(九州)場所(於・福岡国際センター)は、十一日目。   日本相撲協会「本場所情報」   銀河大角力協会 ・幕下  先場所三段目優勝の山下(東53)負け越し。  三段目全勝の..
Weblog: 銀河後悔日誌
Tracked: 2008-11-20 00:27

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。