2008年11月18日

大相撲 平成二十年十一月場所 十日目

白鵬と雅山は勝ち続け、先頭を突っ走り。
安馬と把瑠都が星一つ差で追いかける。
この四力士とその他大勢の間に、くっきりと線が引かれた。

そして、明日からは横綱と関脇の取組が始まる。
雅山が横綱、関脇陣と当たるのかどうか、明日にならないと分からない。
普通どおりの組み合わせで行けば、対横綱戦はない。
両関脇との直接対決はありうる。
横綱にうっかりが出て、優勝争いが二敗の星となると、瓢箪から駒、雅山有利、なんてことも、理論上あり。

煮づまって来ました。

日本相撲協会の公式サイトから十日目の取組および結果(幕内)をリンクして置きました。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 19:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 大相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109859549
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

大関の 候補者だけは 困らない
Excerpt:  平成二十年十一月(九州)場所(於・福岡国際センター)は、十日目。   日本相撲協会「本場所情報」   銀河大角力協会 ・幕下  勢(西53)、今日の勝ち越しはならず。勝ち越したのは保志桜(..
Weblog: 銀河後悔日誌
Tracked: 2008-11-18 21:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。