2008年11月13日

大相撲 平成二十年十一月場所 五日目

五日目を終わって、土付かずは不戦勝の雅山と今場所快調な出島の、武蔵川部屋の元大関、二人だけ。

東西の関脇、安馬と把瑠都はそろって三勝二敗と、やっとこさ白星先行。

四勝一敗に横綱白鵬を含め、八力士。
団子状態。

日本相撲協会の公式サイトから五日目の取組および結果(幕内)をリンクして置きました。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 19:09| Comment(0) | TrackBack(1) | 大相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109622592
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

とにかくも 一日一番 確実に
Excerpt:  交通安全の標語みたいだが、まあ、基本ということで。一日一番、三日で三番。三番勝って、二番負ける…と9勝6敗。取りこぼしを少なくして、もっと上積みを…?  平成二十年十一月(九州)場所(於・福岡国際..
Weblog: 銀河後悔日誌
Tracked: 2008-11-13 23:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。