2007年07月31日

今日の記録 平成十九年七月三十一日

七月十七日以来、二週間ぶりに、ボリュームが少なかったので減点となりました。 おやおや。 ま、取り敢えず、無視。

食生活に大きな変化はなく、相変わらず、野菜テンコ盛りのメニューが続いてます。 数日前に仕込んだ豚の軟骨と野菜(ジャガイモ、人参、大根、なす、ミニ・トマト、小松菜、モロヘイヤ、インゲン豆)のごった煮は、行き掛かり上、鍋二つになってしまいました。 その一つ目の鍋を、今日、やっと完食しました。 後半分。 豚の軟骨は冬の時期に石油ストーブを使っている時は、時折料理していました。 しかし、先月、圧力鍋を買ってからは、この料理も簡単に出来る様になったのです。 石油ストーブの上に載せた鍋で五、六時間かかっていた調理が40分で出来ます。 その後も他の食材と合わせて再加熱を繰り返したので、今日食べた時には、豚の軟骨は魚の目の周りのゼリー状のものと同じ位の柔らかさでした。 トロットロのコラーゲン。 お肌が綺麗になり過ぎてしまいます。

煮込み料理の作り置きがあるので、夕飯向けの追加として、鰺の刺身を買ってきました。 そうしたら、頂き物が参りました。 サザエ、六つ。 二つは刺身で、四つは壺焼にして、母と共に、三つづつ食べました。 焼酎の水割りとよく合いました。続きを読む
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 計量データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月30日

今日の記録 平成十九年七月三十日 土用の丑

やっと、パソコンとの格闘が一段落して、パソコン、インターネット関連は正常通りになりました。 マウスの問題の他にも細かな支障は出ていたのですが、私の拙いパソコン語録では解説が面倒になりそうなので、省きます。

「パソコンと、携帯電話、四苦八苦、翻弄される、還暦の年」、お粗末。

本日の便作は、相変わらずの「快」でした。
特に今日は、例の、便通の後で紙に何も付かない、綺麗な終わり方だったので、六月二十六日以来の「+」付きのAの日になりました。

永いこと、この拙いブログを読んでくださっている方々はご察しのことと思いますが、私はこの「綺麗な終わり方」、ウンチの後で掃除の必要が無い終わり方、と言う事をとても重要と考えています。 それが、ヒトの本来の便通だと思っているからです。 ヒトが六百万年前にチンパンジーの祖先と袂を絶ってからと言わずとも、ネアンダタールとも違う、現在に繋がるホモ・サピエンス・サピエンスになってからは十四万年になります。 そんな十四万年もの間、ウンチの後、尻を掃除するような事が必要とされて来たとは想像できません。 ヒト以外の動物でそんな事をする生物は地球上にいません。 以前の記載で、遺跡のトイレからは「ふきの葉」が検出されたことを書きましたが、そんな事は千年、二千年前あたりのことで、数万年、十数万年前の事とは別物です。

皆さん、そうでしょう。 動物「ヒト」がウンチの後、尻を洗っていた筈はあり得ない、でしょう。

と言う事は、現在の、排便後にウォシュレットでお尻を綺麗きれいにする、我々の生活習慣は、本来の正しい便作とは合っていないという結論になります。

問題は、如何に蠕動運動を強くするかになると思います。続きを読む
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 計量データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一昨日と昨日の記録 平成十九年七月二十八、二十九日

土曜日の夜から今日、月曜の朝までパソコンが使えませんでした。
それで、今になって、一昨日と昨日の記録を載せます。

マウスが動かなくなってしまったのです。 マウスは使い勝手がよく、大昔のパソコンのようにキーボードだけでの操作に比べれば、楽ちんです。 それだけに、マウスが止まってしまうと大変困り。 と言うより、マウス無しでは出来ない事が沢山あります。 再起動でさえも出来ないし、「ここをクリックしてください」と言った指示に従う事も出来ません。 

問題はメーカーのサポートの人から電話で指示を貰い、解決しました。 半年間使ってきたマウスが壊れてしまったようです。 昔のパソコンで使っていた、古いマウスを差し込んだら問題解決。 なんだ。 ですが、それが分からない時は、大弱りです。

パソコンと違って、私の便作マシーンは快調の毎日を続けています。

野菜多めの食事を続けています。 今日も頂き物がありました。 インゲン豆とモロヘイヤとトマト。 スーパーの買い物袋二杯分です。 続きを読む
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 計量データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

今日の記録 平成十九年七月二十七日

一日に二回の排便が連続九日目になりました。
そして、満足のいくボリューム(300グラム以上)の便は連続十日目です。
この様に順調な便作が続く事を目指して、食事内容も工夫しています。
努力(と言うと頑張り過ぎている様な雰囲気ですが、もっと気楽に)したことは報われます。

メタボリック症候群になってしまう人は、通常、自分の好きな食べ物を食いたいだけ食っていることがその原因と考えられています。
翻って、私も食べたいと思うものを腹一杯食べています。 でも、BMIで22か、そのちょっと上ぐらいの体重です。 体脂肪も18%前後が平常です。


大きな違いは二つあると思います。

ひとつは量の問題です。
十年以上前、私が肥満だったころ、寝るチョッと前までの夜食を含め、それぞれの食事の量が多かったです。 外食する時は必ず大盛を注文していました。 その結果、胃拡張になっていて、大量に食べないと満足しないように成っていたのだと思います。

あれから十年余、今は、大量の食べ物を胃袋に入れるつもりは全くありません。 ちょこちょこっと、食べて、満腹感が出たら、即、ストップ。
少量の食事で満腹感を得られるようなテクニックもいくつか駆使しています。食事中に色々な事をします。 お手洗いに行くのも良いし、冷たい水を冷蔵庫に取りに行くも良し、テレビ番組を新聞で確認するも良し。 何でもいいのです。食事中の時間を延長すれば良いのです。
その分、脳が早く満腹感を感じ、食欲が減ります。

二つ目は食べている物についてです。

デブになる人たちの(十年前の自分の経験を含め)食の好みは、濃い味と言えると思います。 そして、通常出会う事の多い濃い味の食べ物とは脂と糖質と塩分の多い物となってしまいます。

こんな物を食い続けていれば生活習慣病に成らないほうがおかしい訳です。

対策の一つとして考えられる事は、自分の食べ物の好みを、健康的な食材に置き換える事です。
動物由来の油は極力避ける。
バターやマーガリンのような加工された油も使わない。
出来うる限り、調理に塩を使わない。
精製された砂糖は家に置かない。

てなことが、直ぐに頭に浮かんできます。

ここでの重要ポイントは、美味しいと感じる事です。

一つの例として、以前、私はヨーグルトを食べる時、オリーブ油と塩をかけていました。 今は塩抜きで、代わりに胡椒をかけています。
これは、これで、美味しいんです。 と言うか、これも美味しいんだと云う情報を自分の脳味噌に刷り込むことが重要です。
それ以来、ヨーグルトは塩無しで食べる事が普通になりました。

漬物には醤油をかけません。
 
続きを読む
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 計量データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

今日の記録 平成十九年七月二十六日

今日も二回の排便で300グラムのボリューム。
便作は順調です。

便作が順調な事が、そろそろ、当たり前過ぎる様な感覚に成って来ました。 そうですよね、これが当たり前の状態です。 便通が快適では無いという事態は異常事態です。
その認識を再確認して置きたいと思いました。

便秘とか下痢は体内の異常事態の警報です。
直ぐ、対処するべきです。

ハイ、「便のチェックは健康チェックの第一歩」。
ブログのサブ・タイトルです。
よろしく。続きを読む
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 計量データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

今日の記録 平成十九年七月二十五日

今日もまた七日連続で、二回の排便で合計350グラムの合格点。
今月は今日までの二十五日間で、合格点の300グラムに達しなかった日が五日、達成したのが20日。 勝率八割。
末永く続く事を期待します。

自家菜園の野菜が生産のピークに入っているようで、毎日、「採れー!、食えー!」と叫んでいるようです。
今日の昼食はそうめんにしました。茹でて冷やしたそうめんに、ミニトマト両手一杯分を四つ切りにしたものと、大葉十二枚のみじん切り、紫タマネギ四分の一のスライス、松の実一握り、ハム二枚の千切り、卵焼きの千切り、粗挽きチーズ一握りを混ぜ、オリーブ油、塩、胡椒と梅干しの漬け汁少々と合えました。
夏ですね。

おやつのスイカも時節にピッタリ。
スイカはまだありますが、明日のおやつには、趣向を変えて、心太を食べようかと思っています。
はい、食い意地が十数時間先走っているようです。
続きを読む
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 計量データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

今日の記録 平成十九年七月二十四日

今日も二回の排便で、合計350グラムの合格点のボリューム達成。
快便街道まっしぐらです。

昨日はおやつの時間に急の仕事が入り、おやつ抜き。
今日の午後、やっと待望のスイカを貪りました。
3日ぶりのスイカ。
今日も、小ぶりのを一つ仕込んだので、あと三日分はあります。
その他、この時期はプラムもよく食べています。
桃も美味しいけど、値段が張るので、二回しか食べていません。
今日は梨が店頭にありましたが、一つ二百円。
私の予算では無理。 本来の旬になり、真ともな値段になるのを待ちます。

庭からの収穫のミニトマトは大豊作。
毎日、両手で二杯分程採れています。
未熟のまま、青い内に落ちてしまうものと、雀に食われた分を除いてです。 やはり、八本は多すぎました。
それに比べて、三本のなすと二本のキュウリの生産高は需要にこたえていません。
えらく遅くなって植えたニガウリは花は付いているのですが、実はまだなっていません。
ミニトマト以外で、今、毎日採っているのは大葉です。
刻んで薬味にするほか、今日は紫タマネギのスライスと合わせ、オリーブ油とレモン汁でサラダにしました。
紫タマネギは例の、六月初めに十キロ、二十九個で480円のお買い得で、衝動買いしたやつです。 残り六個となりました。

野菜テンコ盛りの食事では、目につくこともこんなことになります。続きを読む
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 計量データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

今日の記録 平成十九年七月二十三日 大暑

五日連続で一日二回の排便です。
満足の行くボリュームが六日連続しています。
腸の具合は申し分ありません。

この様な結果を得るために、色々な事をやっています。
その中から、比較的最近始めた事で、効果が出ているのではと思っているのが、ココア入りヨーグルトの夜食です。
夜食とはいえ、あんまり遅くなってからは食べません。
夜の八時か八時半頃に食べています(あ、因みに我が家の夕飯は六時からです)。
ココア・パウダーは砂糖無しの物を小さじ山盛り二杯。
これを125gのプレーン・ヨーグルトと確りと混ぜ合わせて食べます。
それだけです。

朝食に食べるヨーグルトはオリーブ油と粗挽きの黒胡椒を混ぜています。
朝夕二回で250グラム、二日で500グラム入りのヨーグルト・パックを消費しています。

私は牛乳は飲みません。
牛乳が人間のエサとしては不適合だと思い込んでいます。
そもそも、「乳」とは哺乳類が生まれてきて、未熟な時期に、母親からあてがわれて、自分で餌を摂取できるようになるまでの繋ぎの食糧です。 それ以外に摂取するのは全て間違え。

覚えていますか、最後に母の乳を飲んだ日を。
私は記憶にありません。
時期が来ると、母乳を美味しく感じなくなり、飲まなくなるのです。
それが、哺乳類の生理的仕組みです。

さらに、もっと言えば、新生児にとって最適なのは
生みの親からの乳だけなのです。
何かの事情で、母の母乳を得られない新生児に、他の女性で
乳を沢山作れる方から分けてもらう、と言ったような事は、
私の子供の頃には周りでよくありました。
ゼロよりはましでしょうが、二番煎じです。

母乳の代わりに、牛乳由来の工業製品を赤ちゃんに与えるなんてことは
犯罪行為です。 親の責務を破棄していることです。

人間と牛の共生に関しては世界一の権威である、あのマサイ族も
牛乳は飲まないのです。 彼らは、牛乳を発酵してヨーグルトにし、殆ど唯一の食糧としています。 大人は一日3キロほど摂取するといわれています。

えー、何を言おうとしたんでしたっけ。
あっ、ヨーグルトの素晴らしさでした。

そして、発酵食品の良さでもあります。
チーズ然り。 納豆然り。

繰り返しますが、「You are what you eat.」です。 続きを読む
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 計量データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イラクの近況 2007年7月

2006年10月に掲載したイラク関連のブログへのリンクを載せた記事をクリックして下さる読者の方が多々いらっしゃるので、最近の様子が描かれている記事を載せました。

私がブックマークしているイラクからのブログ、Iraq The Modelの最近の記事をここにリンクしました。

この記事の何が、私の興味を引いたかと言うと、
その日々の生活が余りにも普通だという事です。

新聞やテレビから伝えられる情報を聞いていると、
イラクでの生活は極度の戦争状態の下にあり、
大変な状況だ、といった印象を受けてしまいがちです。

如何、割り引いても、今の日本国内のような、総体的に穏やかな生活とは異なっているでしょう。 厳しい生活で有ることは間違え無いでしょう。

しかし、です。
人々のしたたかさ。
その場、その場を切りぬいて生きてゆく強さ。
それを、このブログを書いている兄弟から受け取っています。

何時の日か、イラクに於ける戦いも終わるでしょう。
その、ずたずたになった大地にも、人の営みが蘇るでしょう。
何と言ったって、数千年に渡り文明文化の続いてきた土地です。
その時の担い手は、今、このブログを書いている様な人達になると思っています。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

F-1 2007年 ヨーロッパGP 結果

一位アロンソ。
二位マッサ。
三位ウェバー。

雨に振り回されたレースでした。

予選の事故、本戦、再スタート時、十七番手から戦った
スーパー・ルーキー ハミルトンは結果九位で終わりました。
レース中、何度も最速記録を塗り替えるような、
先頭集団と同じレベルのスピードで走っていました。
しかし、それをもってしても、順位を八番上げるのが精いっぱい。
やはり、予選で良いポジションを確保することが途轍もなく重要なこと、と言った基礎的なことを再確認しました。

王者アロンソは満を持して、五十六週目にマッサを抜いて、逃げきり。
実に効率の良い試合運びでした。

これでチャンピオンシップ・ポインツはハミルトン七十点対アロンソ六十八点。

今日はこんな結果でしたが、フェラーリも速さではよさそう。
今シーズンもまだ、このままでは片付くことはないでしょう。

F-1公式サイトからレース結果をリンクして置きます。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | F 1 グランプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

F-1 2007年 ヨーロッパGP

予選の録画は今日午後に見ました。
ハミルトンの事故はひどかったけど、ご本人は無事だと。

そして現在、レース本番の様子を文字情報だけの速報で見ています。

レース開始早々に雨が降りだしたりして、ストップになり、再スタートとなりました。

すでに五台が撤退。

周回遅れのハミルトンは最後尾、十七番手からのレースです。

ではまた後で。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | F 1 グランプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大相撲 平成十九年七月場所 千秋楽

七勝七敗の星で、千秋楽に勝ち越しを賭ける幕内力士が五人いました。
朝赤龍、春日王、時津海、土佐ノ海と玉春日。
このうち、春日王と玉春日は直接対決。 この取組は、四股名の字画で「、」一つ多い玉春日の勝ち。 明暗。
他の三力士は揃って勝ち越し。
千秋楽での勝ち越しは、其れなりに達成感もあるのでしょうが、
疲れることでしょう。

新入幕の豊響は十一勝目を取り、敢闘賞に花を添えました。

安馬は既に負け越してはいますが、昨日に続き、今日も大活躍。
大関琴欧州を上手出し投げで破り、七勝八敗。
ふむ。関脇からは落ちるとはいえ、小結に止まるかな。

優勝は朝青竜の貫禄勝ち。
おそれいいりやした。

日本相撲協会の公式サイトから七月場所 千秋楽の取組および結果(幕内)をリンクして置きました。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 21:06| Comment(0) | TrackBack(1) | 大相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の記録 平成十九年七月二十二日

今日も二回の排便で合計350グラムの便作。
二回の間隔は一時間半足らずだったのですが、
色の違いから、制作に携わった菌が異なっていたと推測しています。

二日前の痔故の後遺症で、腫れぼったい皮膚は気を付けないと直ぐに血がにじんできます。 ほんと、疲れます。

今日は湿気の多い暑い日となりました。
体内に熱が籠っている感じです。
こんな日こそ、スイカを食べたいのですが、切らしました。
明日、仕込んできましょう。

風鈴も鳴らない、不快指数の高い一日でした。続きを読む
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 計量データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

大相撲 平成十九年七月場所十四日目

個々の取り組みについて感想を述べればきりが無いでしょうが、記憶に
目出度い取り組みについて寸文。

新幕内豊響十勝目。
海鵬十勝目。
稀勢の里十勝目。
めでたし、めでたし。

とは言え、興味の中心は優勝争いの三力士。

琴光喜は勝ち、十三勝一敗。
勝ったとは言え、冷や冷やもんの勝負でした。

朝青龍は豊真将相手に、速さと技の連発での貫禄勝ち。
十三勝一敗。

新横綱白鵬は動きが鈍った。
三敗目を喫して優勝争いから撤退。

優勝の行方はまるっきり推定できません。
ここまで煮っ゛まった千秋楽も久方ぶりです。

日本相撲協会の公式サイトから七月場所 十四日目の取組および結果(幕内)をリンクして置きました。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 大相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の記録 平成十九年七月二十一日

今日も二回の便作。 合計で300グラムと合格点のボリューム。
一回目と二回目の間は47分間しか経っていなかった。
しかし、この二つの作品は色も重さも異なったものでした。
制作に携わった菌類が違ったのでしょうか。
ま、何はともあれ、昨日の痔爆の後遺症を引き起こすことなく
穏便に過ごしています。 ほっ。

今、メニューに参加している健康食っぽいものは「おからの煮付け」。
数日前にインゲン豆をテンコ盛りで頂きました。
その半分を和風だしの煮付けにして食べました。
その時の煮汁を再利用しようと、おからを買ってきました。
人参のみじん切りを油で軽く炒め、そこに、おからを加えて
炒め続けます。 必要に応じて油(サラダ油)を足します。
今回は「アミ」の乾物ときくらげも入れました。
焦がしては台無しですが、確りと火を通します。
そして、煮付けからの汁を加え、おからの量の半分くらいの刻んだネギを加えて、酒と醤油で味の調整をしながら、仕上げの加熱をして完成。 

すっげー、うまい。
大成功でしたて。続きを読む
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 計量データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

大相撲 平成十九年七月場所十三日目

「白鵬二敗目」。
やはり、これが、今日一日の最大のポイントでしょう。
琴欧州が混戦の中、体格の利を得て勝った一番でした。

おーー。 先が読めなくなりました。
琴光喜と朝青龍が並んで一敗。
朝青龍は千秋楽に白鵬と対戦。
琴光喜は上位戦を終わっている。

一引く一、と一足すゼロ、かな、はてな。

日本相撲協会の公式サイトから七月場所 十三日目の取組および結果(幕内)
リンクして置きます。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(1) | 大相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の記録 平成十九年七月二十日

起床後十三分で、順調な排便、ではあったのですが、
終了間際に痔爆してしまいました。
尻の具合は順調と思っていたので、びっくり。
あーぁ。 今月六日以来の惨痔。

一時間半過ぎて、二度目の便意を催した時は、
冷や冷やでした。
それが、珍しく、出血をぶり返すことなく
順調に終わったので、ホッとしました。

未だに、この痔の問題に関しての研究が進んでいません。
素人考えでは、腫物の出来易いことも含んで、
体内の循環に隔たりが有るのではと推測しています。
ガキの頃からよく腫れものが出来ました。
若造の時代を過ぎてからも、ニキビなどが噴き出したものです。

なんか、体内の大掃除をするようなもがあれば、
効果があるのではと推測しています。
どこかに参考資料はないですかね。
続きを読む
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 計量データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

本日の犬棒 ビジュアル人類の歴史

J-Walk Blogで出くわしました。

現代の人間につながるホモ・サピエンスの
発祥の地アフリカから、世界に広がっていった歴史を、
ここ数年来、言われている学説に基づいてビジュアル化
したものです。

ま、面白いなと思いました。

Journet of Mankindをどうぞ。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大相撲 平成十九年七月場所十二日目

十両西三枚目の旭天鵬が今日も幕内での取り組みで勝ち、十一勝一敗。
相手は前頭西十六枚目の寶智山、負けて、四勝八敗。
旭天鵬は来場所の幕内復帰を確実にしています。
ま、実力から言って、十両に長いすることはあり得ないでしょうし。

安馬は勝ちました。
四勝八敗。

優勝争いの先頭集団、十勝一敗の三力士は揃って勝ち。
横並び状態。
こうなると、残りの取り組みが格下としか残っていない
琴光喜にも漁夫の利があるかも。
ふむふむ。

日本相撲協会の公式サイトから七月場所 十二日目の取組および結果(幕内)をリンクして置きます。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(1) | 大相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の記録 平成十九年七月十九日

今日は燃えるゴミを出す日。
七時前にゴミを捨てに行って来た。
起きてしまったので、小便も大便も出てしまった。
これが、今日一回目の150グラム。

その後、チョッと横になったら、次に目が覚めたのは
三時間半後。

軽い朝食を食べながら、昼食の準備。
そんな事をしている時に二度目の便意。
ゆっくりとした作業だったので、どのくらいの量が
出たのか、計量するまで分からなかった。
量ってみて250グラムとは予想以上。
これで今日の合計は400グラム。
良いでしょう。続きを読む
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 計量データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

大相撲 平成十九年七月場所十一日目

今日も、十一日目の結びとしては、よだれの出てしまう取組でした。
九勝一敗の横綱朝青龍対十連勝の関脇琴光喜。
この取組、過去の成績は横綱の圧倒的優位を示しています。
しかし、今場所の流れでは、予測不能。
と、思いながら、本割を見ていたのですが、
琴光喜に、ただ一人全勝している事が、かえって
プレッシャーになったのか、昨日の白鵬戦のように、
先手、先手と攻める事が出来ず、朝青龍の勝ちパターンの
経験が勝ってしまったようです。

ま、それでも、琴光喜の大関取りには問題にならないでしょう。

優勝の行方は七月八日の二日目のブログに書いた推測、「たった二日間だけの結果からの推測ですが、優勝は二横綱での争いと成るように感じました。」が現実味を帯びてきました。

危惧した通り、安馬は負け越してしまいました。
めげるなよ。

今日勝ち越しを決めたのは海鵬、豊響、栃乃洋と大関魁皇。

豊真将の大関挑戦は経験不足でいなされてしまいました。
ま、明日が有るさ。

日本相撲協会の公式サイトから七月場所 十一日目の取組および結果(幕内)をリンクして置きました。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(2) | 大相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の記録 平成十九年七月十八日

昨日のやや少なめのボリューム(250グラム)を補う様に、
今日は一発で350グラムの便作でした。
ジワーツと、時間をかけての作業。
それでも、計量する前に、かなり多めだったことは分かりました。
自己主張の強いウンチでした。

午後になって二回目が来そうな雰囲気はあったのですが、
何とか、なだめすかして置きました。
これは明日朝の分です。

快適な便作が続いています。
良い餌を食っていることが主な理由でしょう。
野菜と果物テンコ盛りです。
今日もスイカ、桃、リンゴ、バナナがあります。
野菜は大量の頂き物と庭からの収穫で、台所だけでは
置ききれないので、テーブルの上とか、玄関とかに
置いています。

以前にも書きましたが、私は若い頃、
果物はそんなに好きでは有りませんでした。
野菜に関しては、好き嫌いと言うよりも、
無関心でした。

食事と言うのは何の肉を食うかの選択だったのです。
若い頃と言わずとも、ほんの二、三年前までは、
夕飯の献立には、意識して、海の物一品と陸の動物一品を
加えていました。

それが、最近では、丸一週間肉無しの場合も
よくあります。
肉を使っても、少量になりました。
意識してやっているというよりも、食の好みが
変わった結果でしょう。続きを読む
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 計量データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

大相撲 平成十九年七月場所十日目

いゃー、何と言っても、今日の目玉は結びの一番。
これまで全勝で来た横綱白鵬と関脇琴光喜のガチンコ。
十日目の取組としては贅沢過ぎます。

真っ向勝負の凄い戦いでした。
背負った看板の重さで、白鵬の方が、緊張度が高かったのか、
僅かな差で、琴光喜の動きが勝ったようでした。

本当に、琴光喜という力士は一皮剥けたようです。
今後、横綱対大関琴光喜の好取組を、幾度も期待できそうです。

凄い場所に成りましたね。

そんな花に隠れて、贔屓の安馬は悪戦苦闘。
横綱朝青龍には歯が立たず、七敗目。
明日は白鵬戦。
勝てっこないよ。
で、関脇の座からは落ちる事になります。
贔屓の立場から言っても、こんなもんでしょう。
後は、来場所からの再挑戦です。
安馬にとっては関脇が最高位でしょう。
後は、引退するまでに、何場所、関脇の地位を維持することが出来たかです。
目標は「寺尾」がいいと思います。
理由は、私の趣味。

日本相撲協会の公式サイトから七月場所 十日目の取組および結果(幕内)をリンクして置きます。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 大相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の記録 平成十九年七月十七日

数日間、快便が続いていたのですが、
ちと、材料不足になったようです。
250グラムと、期待値を下回りました。
大きな変化でもないので、取り敢えず無視。

昨日頂いた沢山の野菜を加工している最中です。
インゲン豆の三分の一を軽く湯がき、(後で使いやすい様に)それを三等分し、袋詰めにしてから、冷凍しました。
残りの一部は、前日までの野菜と肉の煮込みに加えました。
そして、頂いた全量の半分は、ジャガイモ、コンニャクとの、
煮付けにしました。 味付けは簡単な和風です。
かつお節のダシに酒、みりん、醤油で味を整えた物です。
煮付け物ですので、コツは「煮立てて、冷ます」を
繰り返すことです。 だし汁の味は冷めつつある時に、具に
浸みこみます。 この作業を三、四回繰り返せば、深い味わいの
煮付けになります。

モロヘイヤはサッと湯がいてから、粘りが出るまで
包丁で叩きました。 味付けは好みで。
私はオリーブ・オイルとレモンの搾り汁で食べましたが、
母はかつお節をかけていました。
これで半分消費。

キュウリは一部ぬか床に入れ、一部は生で食べています。

これで、頂いた野菜の七割方、何らかの手を加えました。

頂き物に加え、庭のミニ・トマトが食材に加わりました。
成り行きで、八本のミニ・トマトを植えてしまいました。
収穫時期に入ってしまい、毎日、両の手一杯程取っています。
テーブルの上に常備してあり、チョコチョコと、口に入れています。
しかし、その程度の消費では追いつかず、例の、毎日何かを足しながら煮続けている、鍋にもドシドシ放りこんでいます。
折れてしまった枝に付いていた、まだ青い実はぬか床に入れてみました。実験です。

ちと、野菜に押しつぶされそうな感じです。


続きを読む
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 計量データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

大相撲 平成十九年七月場所九日目

今日は新潟で地震があったため、テレビは非常事態体制になり、NHKの相撲番組は午後五時五分からとなりました。
已む負えず、相撲協会のサイトからの実況映像で、幕の内前半の取り組みを観ました。
何故、やむ負えずと言うかと言う事は、解像度の低さです。
私のパソコンで観る事の出来る、Windows Music Player経由の
映像は、とても荒っぽいものです。
それでも、勝負の成り行きは分かりました。

この、相撲協会のウェブ映像では、テレビのNHK番組の様なアナウンサーの声とか、元親方衆の解説、その他の報道側の音声が一切入らないので、自分がそこに観戦に行っている時の状況に近い音だけが聞こえてきます。
もっと良いことは、実際に現場にいる時には、なかなか聞きづらい、呼び出しや行事の声とか、力士の回しを叩く音とか、力士が戦い中に無意識に発する声が、聞こえる事です。

解像度を上げる事が出来れば、このウエブからの映像の方が
私の好みです。

日本相撲協会の公式サイトから七月場所 九日目の取組および結果(幕内)をリンクして置きます。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 大相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の記録 平成十九年七月十六日 海の日

台風一過。(茨城南部においてはです) 
青空で、湿度が下がり、清々しい日でした。
天気に釣られて、牛久沼の畔までチャリンコ散歩。

沼沿いの木立から鳥が飛び出しました。
全体的にグレーで、部分的に茶色の、カラスより一回り大きい鳥。
脚が「く」の字の形になっていて、足先に何かを掴んでいました。
直ぐ後を、雀より幾分大きめの鳥が甲高い声を上げながら、追いかけて来ました。 大きい鳥はずっと早く、見て居る間に遠くへ行ってしまいました。 小さな鳥は、追いつけない事は分かっていても、高く高く飛び上がり、威嚇の鳴き声を続けていました。
鳥が飛び立って来た木立の中からは、難を逃れた雛鳥の鳴き声が聞こえました。

今日はまた、野菜貰い過ぎの日となりました。
朝草々、ご近所で家庭菜園をしている方が
インゲン豆をスーパーの買い物袋一杯分持ってきてくれました。
他に作っている野菜についてのお話をうかがっている時、
ついつい、「え、モロヘイヤ!」と反応してしまいました。
二時間後には袋一杯のモロヘイヤが届きました。

垣根越しのお隣さんからキュウリの差し入れ。
こちらの方の口癖は「ごめんね、大きくなりすぎちゃって。ちょっと、見ていなかったら、沢山出来すぎちゃった。 よかったら、もらって。 じゃまなら、すててね。」です。
これが、みずみずしくて、うまいんです。

便作は一発で合格点のいい日でした。


続きを読む
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 計量データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

大相撲 平成十九年七月場所中日

時の人、琴光喜と白鵬は揃って、中日で勝ち越し。

琴光喜は過去の対戦成績優位の、お客さん、大関魁皇戦。
適当にあしらって、イッチョあり!
大関の地位がぐっと近づきました。

白鵬は見ている側からは、今場所一番の「ヒヤリ」でしたが、
取っているご本人は、余裕綽綽だったようです。

中日が終わって、全勝の二力士を追うのは、
一敗の横綱朝青龍と東六枚目豊真将。

安馬はこれまで勝ち越している朝赤龍に負けてしまい、
三勝五敗。 きびしーぃ。

日本相撲協会の公式サイトから七月場所 中日の取組および結果(幕内)をリンクして置きます。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 大相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の記録 平成十九年七月十五日

数日ぶりに、一日二回の排便パターンに戻ってしまいました。
それでも、納得のいくボリュームが出ているので、文句無し。
ま、ケチを付けるとすれば、二回目のときのにおい。
よくあるような、熟成した肥溜臭ではなく、おならが臭い時(ほとんどの場合、私のおならは臭く無い)に、似たような、特定するのが難しいにおいでした。 何はともあれ、痛くも痒くも無いので、知らんぷりして置きます。
続きを読む
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 計量データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

大相撲 平成十九年七月場所七日目

贔屓の安馬は勝ちました。相手はベテランの若の里でしたが、安馬の方が、きびきびとした動きが良かったとみました。 これで、三勝四敗。 まだまだ、道のりは長いです。 ま。先場所も、千秋楽に勝ち越しを決めて凌いだのですから、じっくりと行きましょう。

琴光喜は七連勝。
立ち合いで待ったをした理由を聞かれて、
「心の弱さです。」と答えたとやら。
こんな事を言える余裕があるのなら
大関取りはモノにしたようです。

後輩だが、格上の琴欧州は、久しぶりに
強い琴欧州に戻りました。
今日みたいな相撲を何時も取っていれば
上も射程内でしょう。
しかし、この力士は昨日の取り組みの様に
ちんちくりんなことをしすぎます。

優勝の行方は両横綱と琴光喜の三力士に絞られた様です。
白鵬が一番威風堂々としています。
朝青龍の方が挑戦者のような相撲を取っています。

暫くは、この三力士の時代になる予兆が感じられます。

日本相撲協会の公式サイトから七月場所 七日目の取組および結果(幕内)をリンクして置きました。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 大相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の記録 平成十九年七月十四日

昨日に続いて、今日もドカーン一発の快便の日でした。
昨日よりは、やや少なめですが、便器の底から
ぐぁーっと山積みになっている姿は満足感を与えてくれました。
よっしゃー。
にんまりです。

何なんでしょう。
ひょっとして、三日前の徹夜で、一度、蠕動運動が
狂ってしまった反動で、調子を挽回するべく、
通常以上のペースで仕事をしているのでしょうか。

何はともあれ、良い気分です。続きを読む
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 計量データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

大相撲 平成十九年七月場所六日目

関脇同士の取り組みは琴光喜が制し、六連勝。
大関取り街道驀進中。
長いこと、琴光喜が大関に成れるとは思っていませんでした。
部屋での稽古では、まず、琴欧州に負けることはないと、
言われていました。
言い換えれば、本番に弱い。気が小っちゃい。
相撲は勝ための勝負師の世界。
気が優しくてお人好しは不利になる世界。

良い例が師匠の現佐渡ヶ嶽親方、元琴の若。
あんな、天性の体がありながら、相手を殺せない。
婿殿なので親方になっているけど、
個性と職業にミスマッチがあると思います。

そんな、これまでの琴光喜像を打ち破る戦いを
展開いています。
何か、一皮むけるきっかけでもあったのでしょうか。
今場所の琴光喜は違って見えます。

ま、煽りを食らって、贔屓の安馬は二勝四敗。
はて、関脇の地位を守れるでしょうか。
きびしそー。

出島が千代大海を押し出したのは良かったです。

琴欧州は未だに相撲の厳しさを理解していないようです。
この力士も自分の天性と違う事を遣っています。
壁にぶち当たって当然。

新横綱白鵬は今日も落ち着き払っていました。

日本相撲協会の公式サイトから六日目の取組および結果(幕内)をリンクして置きます。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 大相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の記録 平成十九年七月十三日

一昨日から昨日にかけては徹夜をしたりで
蠕動運動が狂ってしまっていました。
昨夜はやっと普通に睡眠を取ることが出来たので、今朝は平常に
戻りました。

昨日、出し損ねた分もあることでしょう。

朝起きてから十一分後に、ズドーンと、
コンマ三秒ほどで、ドてつも無い量が出てきました。
肛門通過時間の短さと、便器の中にある量の多さが
余りにも不釣り合いなのでビックリ。
水面の上までは届いていませんでしたが、
便器の底から、ビツシリと積み上げた、
太めの物がうずを巻きながら、山を作っています。
あんなに短い時間で、そんな造形が出来ることも
不思議です。

400グラムの上物でした。
気分良し。続きを読む
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 計量データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月12日

大相撲 平成十九年七月場所五日目

「今日の記録」にも書いたように、朦朧とした一日を過ごしていたので、相撲のテレビ番組は映っていたのですが、ボケッーと見ていただけです。

安馬が負けるのも観ていましたが、サラっと流れました。

琴光喜が今場所に賭けている気持ちは感じます。

それでも、最終的に優勝の行方は、東西の横綱が争う事となると思います。

日本相撲協会の公式サイトから五日目の取組および結果(幕内)をリンクして置きます。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 大相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の記録 平成十九年七月十二日

昨日の夕方、相撲を見ている間に発生した急用は、
その後、どんどん増え、結局、徹夜で仕事をすることになりました。
明け方五時半頃に、チョッとは休もうと思い、横になりました。
しかし、脳の働きを極度に高めていたので、全然眠れません。
一時間ほど仮眠して、また起きて、仕事を続けました。
仕事は午前中に完了したのですが、体は疲れているけど、
眠ることも出来ない、時差ボケのような状態で過ごしました。

そんな一日だったので、腸の蠕動運動は完全に脱線してしまいました。
午前中半ばになって、やっと50グラムが出てきました。
今年になってから、丸一日便なしだった日は一回ありました。
それに準じた、50グラムの貧便の日が、今日で三回目となります。
突発事故なので、やむ負えない事とします。

それにしてもね、リズムが崩れると、復旧に時間がかかりますね。
結局、昨日の朝七時十二分に起きてから、この時間まで、全ての
ウトウトを合計して、一時間半の休息だけです。
そして、この瞬間でも、未だ、睡魔に襲われて寝て仕舞う
雰囲気はありません。

たぶん、明日は昼ごろまで目が覚めないでしょう。
はい、余程の事が無ければ、目覚まし時計は使いません。
これも、自我流の健康維持方法のひとつです。

仕事が来ることは有りがたいことです。
それでも、徹夜を要する急用は、稀な出来事だから対応できる事で、
多過ぎては体が参ってしまいます。
あっ、こんな愚痴はお取引先には内緒です。
続きを読む
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 計量データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月11日

大相撲 平成十九年七月場所四日目

夕飯の準備をしながらテレビの相撲放送を見ていました。
琴光喜が今場所一番すっきりとした形で四連勝を決めたのを見、
次は贔屓の安馬の出番。 その瞬間に緊急の用事が出来て、残りの
取組は見られませんでした。 後で記録を見て、安馬は勝ち、星を
五分にしていたので、ほっとしました。

北桜は初黒星。
露鵬は休場。

四日目を終えて、幕内での全勝は早くも
新横綱白鵬と関脇琴光喜だけ。
連勝って難しいのですね。

日本相撲協会の公式サイトから四日目の取組および結果(幕内)をリンクして置きました。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 大相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の記録 平成十九年七月十一日

今日は三回の排便で、合計350グラム。
前回、一日に三回の排便だったのは六月二十四日。
三回で350グラム出たのは六月一日以来。

ま、出たいものは、出させるのが主義。
でも、えらく時間がずれ込んでの三回目は、
翌日に悪影響を及ぼしかねないので有難迷惑。
それに、尻をこき使うのも痔故のもと。
なかなか、全てが上手くはいかないもんですな。

体組成計の他のデータは良い具合。

カカオ・パウダー入りヨーグルトの夜食は
続いています。 今食べています。続きを読む
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 計量データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

大相撲平成十九年七月場所三日目

本日の幕内取組は休場した把瑠都の穴を埋めるべく、十両東一枚目の岩木山が幕内に来て、皇司との取り組みで始まりました。 岩木山は勝って、三連勝。 幕内復帰を匂わせています。

その他、勝ちっぷりがいいと思ったのは、海鵬、北桜、豊真将。

安馬は時天空との対戦で、低くなり過ぎて、はたき込みを食らいました。

大関狙いの琴光喜は朝赤龍に粘られて、持て余し気味でしたが、最後は気合十分で相手を投げ飛ばしました。 ま、決まり手は内無双だそうです。

露鵬対千代大海は取り直しの結果、露鵬の勝ち。 千代大海に一瞬の迷いがあったようでした。

他の二大関、両横綱は白星。

何か、予想外の驚きの無い一日でした。

日本相撲協会の公式サイトから三日目の取組および結果(幕内)をリンクして置きました。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 大相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の記録 平成十九年七月十日

四日連続で、二回の排便の合計量で、300グラムの合格点となりました。
其れなりに満足しています。

内臓脂肪のレベルが、これまでに比べて、一段階高い所にとどまっているのが気になっています。 この内臓脂肪が曲者です。 全体の体脂肪率はそこそこの良いレベルなのですが、何故か内臓脂肪のレベルが「正常」の数値まで下がったことがありません。 使用している体組成計の説明によると、内臓脂肪レベルは9以下が正常で、10 - 14がやや高め、15以上は高すぎ、と書かれています。私の場合は始めから、ずーっと「やや高め」のレベル、10 -14の間で、過去に置いてはほとんどがレベル11だったのですが、最近レベル12がよく現れるようになりました。 何が原因なのか、どうしてこの数値が高めに出るのか、因果関係の推測も立っていません。

暫く前からの研究課題にはなっているのですが、未だにお先真っ暗です。続きを読む
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 計量データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

大相撲 平成十九年七月場所二日目

昨日掲載した記事に「幕内前半で、ふむ、と思ったのは、把瑠都が土佐ノ海に負けた一番。先場所、十四勝一敗で十両優勝をして幕内に戻ってきた第一戦。 同じく幕内復帰のベテラン土佐ノ海とでしたが、変な具合につぶれて、怪我が完治していないようです。」と書きました。 そうしたら、今日から把瑠都は休場となってしまいました。 残念です。しかし、怪我を完治して、戻ってきて貰いたいです。 将来性を高く評価している力士です。

二日目の幕内前半で記憶に残ったのは元気な北桜。 そして、豊真将と栃煌山の取り組み。 今日は栃煌山が勝ちましたが、この若者二人の取組は毎回楽しみなものとなると思っています。

贔屓の安馬は天敵琴奨菊にいい様に料理されてしまいました。
この取組、安馬の三勝八敗となりました。
相性ってあるのですね。

昨日横綱朝青龍を破った安美錦も今日は千代大海に十三連敗を食らっています。

両横綱、白星。

たった二日間だけの結果からの推測ですが、優勝は二横綱での争いと成るように感じました。

日本相撲協会の公式サイトから二日目の取組および結果(幕内)をリンクして置きました。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 大相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の記録 平成十九年七月九日

二回排便の合計で合格点の量を作り続けています。
三日連続。
質も上々。 快便が続いています。 よしよし。

ヨーグルトを朝と夜、一日二回食べ続けています。
朝食の時はオリーブ油をかけています。
夜食用にはココア・パウダー入り。
なんか、良いみたい。

これで500グラム容器のヨーグルトが二日で終わるようになりました。
一日250グラム摂取です。

この量はマサイ族の人たちの伝統的食事の10%に当たります。
ま、彼らは、基本的にヨーグルトだけしか食べないそうで、
直接の比較は無意味でしょう。
チョッと、想像してみたかっただけです。

たとえ、他の物を何も食べなかったとしても、
2-3キロのヨーグルトを毎日食えるかな。
ギャル曽根じゃぁないしね。

中央アジアのウイグル族の人たちも、
果物だけで、毎日2キロぐらい食べるとか。

如何なんだろう、食べる物の量(カロリーではないですよ)には、
慣れるもんなのですかな。続きを読む
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 計量データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

F-1 2007年イギリス グランプリ結果

キミ・ライコネンの連勝でした。
皆さんの評価でフェラーリは早いと云うことです。
しかし、コース上ではキミはマクラーレンを抜いていなかったのです。
レースの勝敗はピット・ストップの良し悪しで決まりました。
チーム・プレイたる所以です。

F-1公式サイトからレース結果をリンクして置きました。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | F 1 グランプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

大相撲 平成十九年七月場所初日

久方ぶりに、東西の両横綱を冠して幕が上がりました。
面子も揃い、消費者の財布の紐も緩んできたようです。
本日午後四時現在の販売状況です。ひょっとしたら、毎日「満員御礼」の札が下がるかも知れません。

そんな鳴り物入りの初日。
テレビ中継は見てはいたのですが、早い時間帯は、他の事に気を取られていて、集中していませんでした。
幕内前半で、ふむ、と思ったのは、把瑠都が土佐ノ海に負けた一番。
先場所、十四勝一敗で十両優勝をして幕内に戻ってきた第一戦。 同じく幕内復帰のベテラン土佐ノ海とでしたが、変な具合につぶれて、怪我が完治していないようです。

次に、記憶に残っているのは豊ノ島が雅山に勝った一番。
豊ノ島って、こんなに強かったのでしたっけ。

そして、嬉しかったのは勿論、贔屓の安馬が曲芸で白星を勝ち取ったことです。 決まり手は「引っ掛け」だそうです。 負けた豪風もビックリしたでしょう。

新横綱白鵬は余裕の白星。
朝青竜はエンジンがかかる前に、体よく料理されてしまいました。
明日からは、もっと素早く気合を入れないといけませんね。

日本相撲協会の公式サイトから初日の取組および結果(幕内)をリンクして置きました。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 大相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の記録 平成十九年七月八日

昨日に続いて、今日も150グラム二回で、便作合計300グラムの日となりました。 一昨日の痔爆のぶり返しを避けるべく、気を付けて、丁寧に、ゆっくりと、焦らずに作業をしています。 その甲斐あってか、危険状況からは一歩遠のいた感じ。 冷や冷やもんです。

ま、体組成計の表示データはまあまあのレベルです。
総合的な体調は上々と感じています。

続きを読む
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 計量データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月07日

F-1 2007年イギリス グランプリ 予選

PP ハミルトン。
二位ライコネン。
三位アロンソ。
四位マッサ。

常連達でのスタートになりました。
乞うご期待。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | F 1 グランプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の記録 平成十九年七月七日 七夕

二回の排便の合計ではありますが、300グラムと合格点に達しました。

昨日の痔爆の後なので、恐る恐るの作業です。
一回目の終りには、やはり、古傷を刺激してしまったようで、
ぼたっ、ぼたっ、と出血してしまいました。
二回目の時は改善し、ほんのちょっと、薄っすらと血がにじんだだけでした。

その後外出したのですが、問題なく帰って来れたのでほっとしました。
緊急用にと、着替えの下着と半ズボンを持っての外出でした。
なんとも、面倒くさいことになってしまったもんです。
ふぅ。

昨日、遠出して手に入れたオリーブ・オイルを食べてみました。
ギリシャ産とスペイン、セビリア産のものです。
セビリア産の物に軍配を挙げました。
パンに浸して食べたのですが、パンチのある味です。
「Villa Blanca」のOrganicと名打った代物です。
合格。

ギリシャ産のものも、決して悪くはなかったのです。
通常使っているトルコ産の物よりは自己主張があります。

次は、それぞれの油をサラダに使って、比較したいと思います。

続きを読む
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 計量データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

F-1 2007年イギリス グランプリ 金曜日

第二フリー走行を終わった時点では、
先週のフランスに続き、フェラーリ快調の様です。

一位ライコネン。
二位マッサ。
三位R.シューマッハー。
四位ハミルトン。
五位トゥルーリ。
六位アロンソ。
七位ロスバーグ。
八位ヴゥルツ。

ま、金曜日ですので、
フェラーリが良い調子とだけ評して置きます。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | F 1 グランプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の記録 平成十九年七月六日

今日は一回目の排便の終りに痔故ってしまいました。
暫く前から怪しく、軟膏の多量使用で凌いで来たのですが、
とうとう、数日前から悪化し、今日、遂に、破裂してしまいました。
五月十日以来です。 外出中でなく、ほっとしました。
そんな状況なので、二回目のシグナルが来た時も、遠慮がち。
合計150グラムの貧便の日となりました。
しゃぁないね。

そんな事にもめげず、仕事が一段落し天気も良いので、
久しぶりにやや長距離のチャリンコ散歩に出かけました。
何時ものように出来るだけ車とすれ違わない道を優先的に選びました。
田圃沿いのハゼ道とか、農道です。
自転車で移動しながらの観察ですので、その範囲でのことですが、
イナゴを沢山観察しました。 一匹、コウロギのようなものを観ました。 後ろ脚が逆V字型した昆虫。バッタなら緑色でしょうが、こいつは濃いめの赤黒い色でした。しかし、コウロギとは季節外れだと思ったのですが、何だったのでしょうか。他にも色々な昆虫とすれ違いましたが、オニヤンマーらしきトンボも一匹いました。 これも早めの登場と感じました。

そして、久しぶりに雉のオスとメスに出くわしました。
オスがメスの後を追いながら、ダンスしていたので
求愛中の様です。

十数キロ離れた町まで行って、地元では見つからないものを取得してきました。 ギリシャ産とスペイン産のオリーブ油を仕込んできました。今、常用しているトルコ産のものと味の比較をしたいと思っているのです。 明日の楽しみです。 続きを読む
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 計量データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月05日

今日の記録 平成十九年七月五日

今日の一回目の排便は起きてから一時間後でした。
しかし、これには特殊要因があります。

時間制限のある緊急の仕事を引き受けたので、
今日は普通の日より二時間早く起き、水一杯も飲まず、
仕事に取り掛かりました。

頭脳作業に没頭すると、便作は優先順位を下げられてしまいます。
仕事が一段落して、脳が小休止をした瞬間に排便とあいなりました。

遠慮がちな便作作業でした。

その後も、仕事優先でしたので、数時間後に二度目が
来たことは来たのですが、ほんのお体裁程度の出来。

ま、こんな日もあるさ。

続きを読む
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 計量データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月04日

大相撲 平成十九年七月場所 チケット販売状況

名古屋場所が七月八日、日曜日、から始まります。
久しぶりに東西の横綱を冠しての場所です。
それに、贔屓の安馬も関脇の地位を保っての場所です。

その七月場所の売れ行きですが、どうやら、消費者の
財布の紐が緩み始めた様で、既に、初日、二日目、十四日目と
千秋楽は売り切れの様です。

公式サイトから販売状況のデータです。
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 大相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の記録 平成十九年七月四日 英国植民地消失記念日

3日振りに、一日二回の便作ペースに戻ってしまいました。
とはいえ、合計で350グラムのボリュームだったので、
良しとします。 質は上物です。 

便に完全に消化しきれなかった食べ物のカスが混ざっています。 トウモロコシを食べた時に出てくるようなものです。 しかし、ここ暫く、トウモロコシは食べていないので、何が元なのか分かりません。 こんな形で出てくるものを思い当たらないのです。 しかし、この物質が便の纏まり具合に貢献しているのは、経験から見て間違いないです。 何、くったかな? 腸の仕出かすことは、よく分かりません。



続きを読む
posted by 草花亭 一茶菜斎 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 計量データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。